どんな違い、メリットがあるのか見てみよう!硬水と軟水

ミネラルウォーターや天然水を選ぶとき、よく言われているのが、硬水であるか軟水であるか?ということ。

 

硬水はなんとなく飲みにくい…ということは知っていても、軟水と硬水のはっきりとした違いまではよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

硬水と軟水は味が異なることはもちろん、それぞれ違ったメリットを持っています。

 

ここで硬水と軟水の違いについて詳しく説明しましょう。

 

水に含まれるミネラル分が違う!
水に含まれる主なミネラルにカルシウムとマグネシウムがあります。

 

硬水であるか軟水であるかは、このカルシウムとマグネシウムの量によって決まり、その基準はWHO(世界保健機構)が定めています。

 

基準となる値、「硬度」は (1リットル中のカルシウム量mg×2.5)+(1リットル中のマグネシウム量mg×4)で算出されます。

 

WHOでは、この高度が1リットル中0〜120mgのものを軟水、120mg以上のものを硬水と定めています。

 

しかし、市場に出回っている飲用水としての天然水やミネラルウォーターは、もう少し基準が細かく、高度が0〜100mg/lは軟水、100〜300mg/lは中硬水、300mg/l以上のものは硬水としているのが一般的です。

 

日本の水はほとんどが軟水で、口当たりが柔らかく、飲みやすいのが特徴です。

 

私たち日本人が口にして飲みにくいと感じるのはマグネシウム量の多い硬水であることが多いようです。

 

ちなみに日本でも硬水の飲用水はいくつかあります。

 

例えば岐阜県の養老山脈や三重県の奥伊勢から湧き出ている天然水やをボトル詰めしたものやミネラル分が豊富な温泉水を使用したものなど。

 

また地下水を水源とする天然水とは少し異なりますが、海洋深層水をベースにしたものもあります。

 

軟水・硬水それぞれのメリットを活用しよう!

 

水の硬度は料理の味を左右すると言われています。

 

ダシの味にこだわる繊細な風味の和食を作るときにはやはり軟水が適しています。

 

昆布やかつおぶしでとるダシも硬水ではうまくとれないことが多いのです。

 

また緑茶をはじめとする日本のお茶も同様。

 

硬水で緑茶を入れると、色も香りも半減してしまいます。

 

これに対して、欧米の料理には硬水の方が適しています。

 

例えば、パスタ。

 

パスタはヨーロッパの硬水のほうが、プリッと歯ごたえのある茹で上がりになります。

 

また紅茶やエスプレッソコーヒーなども硬水の方が味をうまく引き出せるのだそうです。

 

またマグネシウムやカルシウムを含むミネラルウォーターは満足感があり、便秘解消効果もあるのでダイエット中の人に適しているとも言われています。

 

それぞれのメリットを生かして、軟水と硬水を選ぶようにしましょう。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓