家族全員で毎日飲みたい、カラダにいい水の条件とは?

私たち人間の体に欠かせない水分。

 

水を飲むときにも、より安全なもの、美味しいものを選びたいという方が増えてきています。

 

美容と健康のために、毎日ペットボトルの水を持ち歩いているという方も多いのではないでしょうか。

 

また、ご家庭の水道に浄水器をつけているという方もいるでしょう。

 

では、ここでカラダにいい水の条件について見なおしてみましょう。

 

ほどよくミネラルを含んだ天然水

 

世界的に見ても安全性が高く、味もおいしいと言われている日本の水道水。

 

蛇口につけるタイプの浄水器はその水道水をさらに浄化してくれるため、さらに高い安全性が期待できると言われています。

 

しかし、こうしたキレイな水は体に害を与えることはなくても、「カラダにいい水」かどうかと言われると疑問です。

 

それは、不純物や生菌だけではなく、体にいいミネラル分も含まれていないからです。

 

これに対して、ほどよいミネラル分を含んだ天然水やナチュラルミネラルウォーターなら、食事で不足しがちなミネラルを補うこともできます。

 

特にダイエット中の方はミネラルが不足しがち。

 

カルシウムやマグネシウムをほどよく含んだ天然水なら、ミネラルの補給にもつながるのです。

 

またインスリンに似た効果があると言われるバナジウムを含んだ天然水。

 

血糖値が気になる方にオススメと言われてきましたが、最近はウォーターサーバーの中でもこのバナジウムを含んだ天然水を使用しているタイプがあるようです。

 

硬度の高すぎる水はNG?
天然水に含まれるミネラルと言えば、マグネシウムやカルシウムがあります。

 

マグネシウムは適度に摂ることで、ダイエット効果や便秘解消効果が期待できると言われていますが、マグネシウムの含有量が高い水を摂るとお腹を壊してしまうこともあります。

 

そもそも硬度の高い水は私たちの日本人の口には合わず、料理にも使いづらいため、体にいいと言っても毎日飲むことは難しいかもしれません。

 

カラダにいい水を選ぶときには飲んでおいしいと感じるものを選ぶようにしましょう。

 

衛生的な環境で処理されているか
カラダにいいと言われている天然水のメーカーの多くが山梨県や静岡県など、源泉として使用している水源の近くに工場を設けて水を充填、中に空気が入らないように工夫されたボトルを使用してできるだけ新鮮な状態で消費者が水を口にできるように工夫しているところもあります。

 

またペットボトルの水は一度開封すると、空気中の雑菌が混入してしまうため、冷蔵していても開封後は数日で飲みきることが大切です。

 

常温保存の場合はその日のうちに飲みきるようにしましょう。

 

これに対して、ウォーターサーバーのボトルは空気に触れないように作られているので、開封後の賞味期限は2週間程度というものが多くなっています。

 

開封後もカラダにいい、安全性の高い水を選ぶなら、ウォーターサーバーがお勧めです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓