どんなメリットがあるの?美味しいだけじゃないウォーターサーバーの利点とは

東日本大震災の直後、一部の地域の水道水に放射性物質の混入が見られたことから、一気に設置する人が増えたと言われているウォーターサーバー。

 

当初はスーパーの店頭からミネラルウォーターのボトルが消え、ウォーターサーバーの申し込みをしても受け付けられないというほどでした。

 

震災以降、水の安全性や飲み水を常備しておくことの大切さに気がついたという方も多いと思います。ここでウォーターサーバーを設置することの利点について考えてみましょう。

 

放射性物質が混入されることは?

 

今後も大きな地震が起こる可能性が否定できない日本。

 

2011年の震災時と同じような事態になったら…と心配して、ウォーターサーバーの設置を検討している方もいるのではないでしょうか。

 

天然水として販売されている飲用水は、天然であればどの水源から採取したものでもいいというわけではなく、特定の水源から採取された水を使用しています。

 

仮に、この水源のある地域が放射性物質で汚染されるようなことになってしまえば、当然ですが水源として使用することはできなるため、ウォーターサーバーやペットボトルの水として市場に出回ることはなくなります。

 

また価格が安いことで知られるRO水は逆浸透システムを使ってろ過されていますが、このシステムで使用されている特殊なろ過用の膜に空いている穴に比べて、放射性物質の分子は大きいため、通り抜けることはできないと考えられています。

 

したがって、仮に放射性物質が含まれていた場合もRO水であれば、ろ過できている、というのがメーカーの見解のようです。

 

重い水を運ぶ手間もなし!ゴミの軽減にも

 

 

スーパーで2リットルのミネラルウォーターを購入してやっとの思いで家まで運んでくる…。

 

ミネラルウォーターならそんな心配もいりません。

 

ウォーターサーバーなら12リットル、8リットルなど大容量にも関わらず、宅配業者の方が玄関まで持ってきてくれるので、若い女性やお年寄りだけのご家庭でも安心して設置することができます。

 

またペットボトルよりも容量が大きいのでゴミもぐんと少なくなります。

 

ウォーターサーバー用のボトルはリターナブルタイプなので、回収してもらうことができるので、ごみの収集日前はベランダがペットボトルでいっぱい…という方にもオススメです。

 

さらに未開封の場合、賞味期限は半年程度と長めなので、非常用の備蓄用としても最適です。

 

気になる電気代も1か月あたり400〜1000円程度とそれほど高くありません。

 

重たいペットボトルを運ぶ手間やいざというときのことを考えたら、高い買い物ではないと言えそうです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓