ペットボトルはもう古い?天然水サーバーが人気の理由とは

せっかくお金を出して水を買うなら、ブレンドされた水や人の手によって成分や味を調整された水よりも天然水を飲みたいですよね?

 

そんな方にオススメなのが、今、人気の天然水のウォーターサーバーです。

 

ここでは話題の天然水のウォーターサーバーについて詳しく紹介していきます。

 

ウォーターサーバー=天然水ではない?

 

震災後、家庭にウォーターサーバーを設置する人が増えていると言われています。

 

初めは贅沢かな?と感じていても、利便性の高さ、おいしさ、電気代や水の代金などを総合的に考えても、お金を出して置く価値があると感じる人が多いのだそうです。

 

今、ウォーターサーバーの設置を検討しているという方に覚えておいてほしいのが「ウォーターサーバー=天然水・ナチュラルミネラルウォーターではない」ということ。

 

ウォーターサーバーの中には天然水ではなく、RO水と呼ばれる水を使用しているタイプも多いのです。

 

RO水とは逆浸透膜ろ過システム(Reverse Osmosis)と呼ばれるシステムでろ過した水のこと。

 

電子顕微鏡でも見えないくらいの小さな小さな穴が開いた特殊な膜を使って生菌や不純物、塩素をはじめとする水の臭いの原因となる物質などを徹底的に取り除いた水がこのRO水なのです。

 

RO水は不純物がまったく含まれていない純度の高い純水なので、非常に衛生的で安全性も高いと言われています。

 

また水道水を元にしているものであれば、価格は天然水に比べて安価です。

 

ただし、RO水は味気ないと感じるため後からミネラルを添加してミネラルウォーターとして販売しているものもあるようです。

 

天然水のウォーターサーバーにこだわる方は、設置前にどんな水が使われているか、詳しくチェックするようにしてください。

 

天然水のウォーターサーバーを選ぼう

 

これに対して天然水とは特定の水源から採取される地下水をろ過、沈殿、加熱殺菌といった最低限の処理をしたものになります。

 

ペットボトルの天然水はずいぶん前から普及していますが、ウォーターサーバーも空気に触れにくい構造にすることによって、比較的長期間、天然水をおいしく飲めるようになってきているのです。
また天然水のウォーターサーバーは水源から近い場所に工場を設けてできるだけ外気に触れないようにして水をボトルに充填しているところが多いようです。

 

さらにサーバー本体にも雑菌から水を守る構造を持たせることで、おいしい天然水でありながら高い安全性も提供できるものが増えてきているのです。

 

さらに天然水は水源によって味が微妙に異なるため、好みの味を見つける楽しみもあります。

 

どのウォーターサーバーもトライアルの期間を設けているので、どの水が好みか飲み比べてみるといいのではないでしょうか。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓