厳選。ウォーターサーバーの3つのセルフメンテナンス方法

ウォーターサーバーは水を取り扱うものです。

 

毎日飲むものを利用するものなので、注意して対応しなければなりません。

 

清潔な状態を保つべきなのです。

 

こちらでは特におすすめの3つのメンテナンス方法を解説します。

 

これからウォーターサーバーを契約しようと思っている方はもちろんですが、現状で利用している方にも必見な情報ですよ。

 

 

■1つ目のメンテナンス方法〜全体的に汚れをふき取る〜

 

布で構いませんので、台所用の洗剤をしみこませてください。そしてサーバー全体を拭き掃除します。

 

サーバー全体にはほこりなども付着しているのでしっかりとふき取る必要があります。

 

・頻度はどれくらいにすべきか

 

出来れば、週に1回程度は行うべきです。

 

間隔が空いてしまったとしても、2週間に1回以上は行うべきです。

 

それ以上にわたって間隔を空けてしまうとゴミが付着しますし、水が付いた場所には雑菌が繁殖してしまうこともあります。

 

・特に注意すべきところ

 

サーバーの下部になります。

 

目が届きにくい部位になるので、掃除を忘れてしまう例が非常に多いのです。

 

ほこりがたまった状態になりやすいですし、特に下起きタイプのサーバーは水に影響を与えてしまう可能性もあります。

 

ボトルを交換するごとに、サーバー下部もきれいに拭き掃除しましょう。

 

 

■2つ目のメンテナンス方法〜コックの周辺を綿棒などで掃除する〜

 

コック周辺は水が直接出てくる部分になります。

 

水がいつもついているような状態になるので、雑菌が繁殖しやすいです。

 

雑菌が繁殖すると、ボトル内部の水は綺麗であったとしても、飲むときは衛生状態が悪いわけです。

 

・おすすめの掃除方法

 

コック周辺については、洗剤を付けて掃除するわけにはいきません。

 

綿棒や歯ブラシなどを使って誇りを払ったり、水分を拭き取るような感覚でおこなってください。

 

最初は、歯ブラシを使って大まかにほこりを落として、仕上げに綿棒を使って水分もふき取るといった方法がおすすめですよ。

 

 

■3つ目のメンテナンス方法〜芯棒周りを掃除しよう〜

 

ボトルを差し込む位置にあたる芯棒付近は特に入念に掃除しなければなりません。

 

水が付着している状態になるので、汚れが付きやすいのです。

 

ひどい場合にはカビが発生してしまうこともあります。

 

・キッチンペーパーを使うのがおすすめ

 

キッチンペーパーであれば、水分をしっかりと吸収してくれるのでお勧めです。

 

芯棒付近に水分がなければ、雑菌が繁殖したりカビが発生するするリスクも少なくなります。

 

 

※最近では、メンテナンス不要のサーバーも出てきました。

 

しかし、そういったタイプでも自己のメンテナンスは必要です。

 

安心して利用し続けられるように、定期的にメンテナンスを実施しましょう。

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓