うるのんの特徴を徹底調査

こちらではウォーターサーバーの“うるのん”について解説します。

 

ミスの特徴や料金の特徴などをお話しします。

 

ウォーターサーバーは数多くあります。

 

一つ一つ比較するのは大変ですが、特に重要な部分について解説するので参考にしてもらえたら幸いです。

 

 

■うるのんで利用されている水の特徴とは?

 

・3種類が用意されている!

 

うるのんでは1種類の水しか取り扱っていない、なんてことはありません。

 

3種類の水を取り扱っているのです。

 

それぞれの水にそれぞれの特徴があります。

 

 

【うるのんで取り扱っている水の種類とは?】
・富士の天然水 さらり
・富士の天然水
・やわらか水

 

 

“富士の天然水 さらり”については、富士山のふもとで採水された天然水になります。

 

飲み口も爽やかであり、子供からお年寄りまで美味しく飲めます。

 

「すっきりとして飲みやすい」といった特徴に注目です。

 

“富士の天然水”については、富士山のふもとで採水されたのは“さらり”と一緒です。

 

異なってくるのが、バナジウムになります。

 

こちらには豊富に含まれているといった特徴があります。

 

ミネラル成分もバランスよく配合されています。

 

“やわらか水”については、天然水ではなくRO水になります。

 

赤ちゃんに飲めるように作られた水になります。

 

口当たりが非常にまろやかで飲みやすいといった特徴があります。

 

調乳に利用できるタイプの水です。

 

 

■うるのんのコストパフォーマンスとは?

 

・サーバーの種類によってレンタル代金が異なる

 

スタンダードタイプ・卓上スタイリッシュタイプに関しては、レンタル代は無料になる可能性があります。

 

しかし、そのタイプを選択したとしても、水の頼む量が少なければ最大で823円の代金がかかってくるので注意しましょう。

 

エコサーバーに関しては、最低で103円、最大で1,028円かかってきます。

 

 

【水の種類と料金について】
・富士の天然水 さらり(12リットル)・・・1,800円(税込)
・富士の天然水(12リットル)・・・1,800円(税込)
・やわらか水(12リットル)・・・1,285円(税込)

 

一人暮らしで月に1本から2本、四人暮らしで月に4本程度になるとのことです。

 

サーバーレンタル代金と合わせても、基本的に5,000円前後で利用できる方が多そうですね。

 

 

■停電時も利用可能なうるのんのサーバー

 

大地震が来てしまえば、ウォーターサーバーも利用できなくなってしまうと思われがちです。

 

しかし、“うるのん”は違います。

 

確かに、電気は使えなくなってしまうのですが、サーバーに設置していたボトルの水も、水自体の圧力で自然とレバーをひねれば出てくるのです。

 

災害時も安心して利用できる、といった特徴が“うるのん”にはあります。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓