ウォーターサーバーと浄水器の違い|スペースと水の品質

ウォーターサーバーを利用するか、それとも浄水器を利用するかで悩んでいる方は少なくありません。

 

どちらも水の美味しさなどにこだわっていると思いますが、思ったよりも大きな違いがあるのです。

 

こちらではウォーターサーバーと浄水器のスペースと水の品質について、どのくらいの違いがあるのかを解説します。

 

 

■スペースは浄水器が有利!

 

ウォーターサーバーについては、大きさについてはかなりのものです。

 

しかし、機能やボトルの大きさなどからそれも仕方ありません。

 

しかし、ウォーターサーバーについては冷水だけでなく、温水の利用もできるのです。

 

両方とも利用するために、それなりのスペースも必要になります。

 

さらに、ボトルの大きさにも違いがあります。

 

浄水器に関しては大きくても2リットルや3リットル入る、といったものになります。

 

しかし、ウォーターサーバーは、12リットルのボトルが設置されるものになります。

 

小さくても8リットルや4.5リットルになるので、ボトルの大きさによって、仕方なくスペースに差が生まれてしまっています。

 

しかし、最近では小さい卓上タイプのウォーターサーバーもたくさん出てきているといった事実もあります。

 

スペース面では、浄水器とウォーターサーバーの差はほとんどなくなってきているのです。

 

 

■品質はウォーターサーバーが有利!

 

ウォーターサーバーの水は非常に素晴らしい品質を誇っています。

 

・天然水
・RO水

 

以上の二つのタイプの水を使っていることになるのですが、天然水はほとんど自然そのままの水になります。

 

ミネラルなどが添加されているといったこともありません。

 

ちょっとした殺菌処理が行われているだけです。

 

一方のRO水に関しては、RO膜といった特殊な微細フィルターで不純物を取り除いてきれいな水にしています。

 

ミネラル分は添加しますが、それでも非常に質の高い水であることには変わりありません。

 

・浄水器の水の質について

 

浄水器に入れる水は、水道水ですよね。

 

浄水システムはありますが、基本的にろ過しているだけです。

 

塩素やちょっとした不純物は除去できるのですが、衛生面や味わいではどうしてもウォーターサーバーにはかなわないといったデメリットがあるのです。

 

また、浄水器については、使っていけばどんどんと機能が劣ってくるといった事実もあります。

 

定期的に交換しなければいけないので、質を守るためにはそれなりに気を付けなければいけないこともあるので注意しましょう。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓