総額いくら?ウォーターサーバーどのくらいの料金がかかるのか

ウォーターサーバーについては、水の料金だけはしっかりと把握しているといった方も少なくありません。

 

しかし、実際に利用するとなると、水の料金だけ把握していればいいのではありません。

 

水以外にもチェックすべき点は多数あるのです。

 

こちらでは、実際にかかる費用を総額といった観点からチェックします。

 

水の料金以外には、サーバーレンタル代金、メンテナンス費用、電気代、解約手数料があります。

 

それぞれの目安の金額などを解説し、総額いくら必要になるか考えてみましょう。

 

 

■水の料金について

 

・1ボトル1,000円から2,000円が相場である

 

家族が3人であれば、ひと月当たり3ボトルから4ボトルです。

 

ボトル料金が1,800円とすれば、月当たり5,400円から7,200円となります。

 

ちなみにRO水を利用すれば、1ボトルあたり1,000円から1,200円程度で利用できるのでお得ですよ。

 

 

■サーバーレンタル料金について

 

・無料としているところが多い

 

レンタル代金については、水の料金に含まれているケースが多く無料化しているところがほとんどです。

 

かかるとしても500円から1,000円程度なので、それほど高額になるわけではありません。

 

しかし、毎月かかってくるものなので、1,000円だとすると年間で12,000円になってしまうので注意しましょう。

 

 

■メンテナンス費用について

 

・無料としているところが多い

 

サーバーレンタル料金と同じく無料としているところも少なくありません。

 

メンテナンス費用については、もしも不具合があった時には無料で対応してくれるといったものになります。

 

メンテナンス費用が無料の場合は修理のたびに費用が掛かってくることもあるので注意しましょう。

 

メンテナンス費用については、かかる場合で年間3,000円から5,000円です。

 

サーバーレンタル代金と違って年間費用になる点は抑えておきましょう。

 

※メンテナンス費用が無料の業者にメンテナンスを頼む場合には、1回あたり3,000円から5,000円ほどかかってきます。

 

 

■ウォーターサーバーの電気代について

 

・月当たり1,000円あれば足りる!

 

ウォーターサーバーは24時間ほぼつけっぱなしになるので、気になるところですが思ったよりもかかりません。

 

基本的に1,000円弱です。

 

エコモード搭載機種であれば、500円を切ってくることもあるので大きな負担にはなりにくいですよ。

 

 

■解約手数料について

 

・半年未満や1年未満で解約した場合に支払わなければいけない手数料

 

事前に最低契約期間が決められており、それを下回って解約した時に発生する手数料になります。

 

5,000円台から10,000円近くかかるケースが多いです。

 

ただ、最低契約期間を超えてしまえば、特に支払う必要はないのであまり気にしないでもよい費用かもしれません。

 

 

■ウォーターサーバーの年間利用総額費用の目安

 

・月のボトル利用3本:5,400円×12カ月
・サーバーレンタル代金:無料
・メンテナンス費用:無料
・サーバーの電気代:800円×12カ月
・解約手数料:なし

 

以上の例で計算してみると、年間で74,400円となります。

 

それほど高くないと感じたでしょうか。

 

それとも高いと感じたでしょうか。

 

人それぞれ取り方は異なると思います。

 

ミネラルウォーターの購入費用と電気ポットの電気代などを比較して、導入するか決定してみるのもおすすめですよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓