体と水の関係|なぜ水を飲むことが大切なのか

身体と切っても切り離せないのが水になります。

 

食事については、1週間程度食べなくても人間は生きていけるとも言われています。

 

しかし、水については、1日でも摂取できないと死んでしまう可能性もあります。

 

非常に大切な水ですが、なぜそれだけ水が大切なのかについてこちらでは解説します。

 

 

■人間の身体の大部分は水である

 

・人体の60パーセントは水である

 

我々の身体の半分以上は水分なのです。

 

だからこそ、定期的に水を摂取しなければなりません。

 

そもそも、体重の1パーセントの水不足が発症すると、のどが猛烈に乾くといった仕組みを持っています。

 

夏に運動をして2キロや3キロの汗をかく人もいますが、もしも水を飲まないでいれば猛烈なのどの渇きを覚えるわけです。

 

そして脱水症状が表れてしまいます。

 

脱水症状については、身体の2パーセントの水分を失っただけで発症します。

 

ちょっとしたことでも脱水症状を起こしかねないので、やはり水は定期的に摂取しなければなりません。

 

水分は何をしなくても失われています。

 

汗をかいていないようでも、汗が出ていることもあります。

 

その結果、1日で4パーセントの水分を失っているのです。

 

補給しなければ、脱水症状を引き起こし、生命の危機さえあり得ます。

 

 

■水を利用した健康法

 

・朝起きたらコップ一杯の水を飲もう

 

寝ている間も水分は排出されています。

 

特に夏は汗を大量に書くので注意しなければなりません。

 

そこで朝起きてすぐに水を飲むのです。

 

水を飲めば、水分補給にもなりますよね。

 

さらに胃や腸を活発に動かしてくれるといったメリットもあるのです。

 

定期的に水を飲むことで体の機能が正常化するので、水分不足といった状態にしてはいけません。

 

 

■水分はなるべく水で摂取すべき!

 

・水分なら何でもいいわけではない

 

緑茶やコーヒー、そして紅茶に関してはカフェインが入っています。

 

それらの飲み物には利尿作用があるので、かえって体の水分を奪ってしまうといった特性があります。

 

摂取には注意が必要です。

 

また、ビールやワイン、日本酒といったアルコールに関しても利尿作用があるので、水分を摂取するといった目的で飲むのは良くありません。

 

水はなるべくミネラルウォーターで1日あたり1リットルから2リットルは摂取しましょう。

 

・美容効果もある

 

むくみで悩んでいる女性も多いですが、実は水分の摂取量が少ないからこそむくみが出ているケースもあるのです。

 

水分が少ないので、体内に水分をため込もうとする機能が出てきてしまうのです。

 

かえって水分を摂取したほうがむくみにくくなりますよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓