お水の種類を徹底解説!天然水とRO水について

ウォーターサーバーを利用するときには、もちろんサーバーの機能も注目しますが、その前に水自体が気になりますよね。

 

ウォーターサーバーで使われている水は、基本的に天然水とRO水です。

 

それらの水についてこちらで解説します。

 

天然水とRO水にはそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

 

製造過程などにも注目してみます。

 

 

■ウォーターサーバーで利用される天然水とは?

 

・最小限の加工しかしていない水

 

天然水は、自然から採取した水を利用して加工されたもののことを指しています。

 

自然にある近い状態の水なので、天然水と呼んでいるのです。

 

※ミネラルウォーターやナチュラルウォーターと呼ばれることもあります。

 

・最小限の加工とは?

 

ろ過や加熱殺菌、さらに沈殿といったきわめてシンプルな加工をしています。

 

不純物を取り除くだけの加工をしているのです。

 

たとえば、ミネラル分をわざわざ添加するといったこともしていません。

 

そもそも天然水には自然界にあるミネラル分が入っているので、加える必要がないのです。

 

ちなみに味わいとしても天然水には大きな特徴があります。

 

自然界のミネラル成分によって甘みがあるのです。

 

水といえば、味がしないと思われがちですが、天然水にはちょっとした甘みが感じられます。

 

 

■ウォーターサーバーで利用されるRO水とは?

 

・RO膜といったフィルターを使って製造された水である

 

RO水は特殊なフィルター(RO膜)で不純物を取り除く水となります。

 

逆浸透膜とも呼ばれているフィルターなのですが、非常に細かくなっており、ちょっとした不純物もしっかりと取り除けるほどです。

 

※RO膜には放射線を取り除くほどの力があるとされています。

 

RO膜は0.0001ミクロンといった膜になっており、ろ過では取り除けない不純物までしっかりと取り去ってくれます。

 

純水に近い状態を作り出せるのです。

 

・ミネラル分まで取り除いてしまう

 

膜のあまりの精度によって、ミネラル分も除去されてしまうといったデメリットもあります。

 

ですから、ミネラル分を添加しなければならないのです。

 

天然水とは違って、しっかりと加工がされた水なのです。

 

・原料は水道水

 

天然水は、自然から採取された地下水を利用しているのですが、RO水については、水道水を利用しているケースが多いです。

 

その代り、価格が安いといったケースもあります。

 

ウォーターサーバーであれば、天然水の半額程度で購入できることもあるほどです。

・味わいについて

 

特別、特徴がある味わいではありません。

 

ミネラル量を変えられるので、味の操作もできるのがRO水の特徴でもあります。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓