ウォーターサーバーのメリットについて【お手軽、節電】

 

ウォーターサーバーを選択されている方は多いですが、選ばれている理由としてチェックしてほしいのがメリットです。

 

実際にサーバーを利用するメリットについて考えてみましたので、導入予定の方は参考にしてください。

 

 

■ミネラルウォーターを購入する手間が省ける

 

・肉体的負担の経験

 

ミネラルウォーターを定期的にペットボトルで購入している方は多いです。

 

スーパーなどで、買い物ごとに2リットル入りのボトルを購入して帰ってくるのは非常に身体の負担も大きいです。

 

主婦の方にとって、辛い仕事の一つといってもよいでしょう。

 

その点、ウォーターサーバーを利用すると、わざわざ購入する必要が一切なくなります。

 

定期的に宅配で家までボトルが送られてくるからです。

 

買い物の時に重い荷物を持つ機会も格段に減りますよ。

 

 

・ボトルの取り扱いについて

 

ウォーターサーバーのボトルはかなり大きいので、家の中で邪魔になると考えている方も多いです。

 

ただ、自分で捨てられるタイプのボトルと、回収されるタイプのボトルがあります。

 

家に空ボトルがたまってしまうようなことは原則的にありませんので、安心してください。

 

 

■電気ポットよりも電気代が安い

 

・電気ポットの電気代:1,000円程度/月

 

・ウォーターサーバーの電気代:1,000円程度/月

 

双方とも同じような電気代にみられるかもしれませんが、大きな違いはサーバーの場合は冷水も利用できるということです。

 

電気ポットは冷たい水は作り出せません。

 

ですから、仮に同じ金額だからといって、電気代は全く一緒との判断はできないでしょう。

 

 

・節電機能について

 

最近のウォーターサーバーの多くには節電機能が付いています。

 

そちらを利用すれば、月あたり500円台になることもあります。

 

電気ポットの半額ほどに抑えられるケースも多く、実質的に費用を安価に抑えることが可能です。

 

■安全性の高い水が利用できる
放射能検査実施済み

 

 

大手のウォーターサーバーの水については、しっかりと検査したうえで宅配されています。

 

多くの方が気になる放射能についても、第三者機関で検査が実施されていることがほとんどです。

 

しかも、いままで放射能が検出されたこともなく安心です。

 

・放射能が検出されない理由

 

天然水の場合は、外気に触れていない地下水を利用しています。

 

しかも、その水は数百年前に降った雨であることが一般的なので、物理的にも放射能が含まれる可能性はありません。

 

RO水は水道水になるので、放射能が含まれるのではと思われがちですが、濾過に使われるRO膜に素晴らしい機能があります。

 

研究結果により、RO膜には放射能を取り除く力があると発表されています。

 

こちらについても放射能の心配はほとんどないと言ってよいです。

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓