ウォーターサーバーと水道水との違いはどんなことなの?

ウォーターサーバーを利用する時には、そのメリットというものを考える必要があります。

 

水道水ではなく、なぜウォーターサーバーを利用いするのでしょうか。

 

多くの方は、水道水よりも安全性が高いと考えています。

 

しかし、水道水とウォーターサーバーの違いはそれだけではありません。

 

詳しく述べていきますので参考にしてください。

 

 

■水道水について

 

・処理された水である

 

水道水は処理をされた水になります。

 

川に流れている水などは、汚れている事もありそのまま飲むことができません。

 

浄水設備を使って飲めるように処理されることで、水道として活用されます。

 

 

・殺菌や消毒

 

水道水は浄水場で、殺菌と消毒を行っています。

 

川の水をそのまま使うと大腸菌などが含まれていることもあり、健康被害が大きくなります。

 

浄水場で殺菌・消毒を行うことで安全に飲むことができます。

 

 

・安全性は高い

 

特に国内の水道については、世界に比べても高い安全性を誇ります。

 

危険性というものはあまり考えないでも良いですが、放射能が含まれるような事があると、後に健康被害が出てしまう可能性も可能性としては捨てきれません。

 

ただ、最近では放射能が含まれたという情報は出ていませんので安全の問題はそれほど考えなくても良いでしょう。

 

 

■消毒と殺菌による味の変化

 

・塩化石灰について

 

水道水は塩化石灰を利用して、殺菌・消毒を行います。

 

実はそれが大きな影響を水に与えます。

 

塩化石灰は、アンモニアや有機物などが反応しまして臭いを発生させます。

 

“カルキ臭”というものになり、不快に感じさせる匂いです。

 

水道水を美味しく飲むために、必ず煮沸してから水道水を飲むという方もいるほどです。

 

臭いが味に与える影響というものは大きいものなので、水道水の大きなデメリットです。

 

 

■ウォーターサーバーの水と臭いについて

 

・ほとんど殺菌と消毒の必要なし

 

長い年月をかけて、地層によって濾過された水がウォーターサーバーで利用される天然水です。

 

殺菌や消毒は全く行われないわけではありませんが、ほとんど手を加えないで飲むことができます。

 

カルキ臭がすることもないので、味として非常に美味しいと感じられます。

 

 

・RO水も臭いなし

 

水道水を特殊なフィルターに通して作られるRO水についても、臭いというものはありません。

 

フィルターにて、ほとんどの不純物を取り除けるからです。

 

ウォーターサーバーに使われる天然水・RO水と水道水の違いは、“臭い”そして“味”にあるわけです。

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓