ボトルの交換や回収ってめんどくさい?

 

ウォーターサーバーをまだ使ったことがない方の多くが疑問に感じているのが、ボトルの交換・回収に関することになります。

 

非常にめんどうだと感じている方も少なくありません。

 

では、実際に面倒なのかを詳しくお話しますので、参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

■レンタルウォーターサーバーのボトル交換について

 

一般的な方法について解説します。

 

サーバーの種類によっては微妙に違う可能性もありますが、大体同じようなシステムになります。

 

・ボトルの水が使い終わったらボトルフホルダーごとサーバーから外す
・ボトルの差し込み口を清潔な布などでしっかりと拭く(衛生面の対策)
・新しいボトルのキャップに付いているシールを剥がす(保管しているボトルのシールは外さないこと)
・ボトルホルダーに新しいボトルをセットする
・ウォーターサーバーにボトルホルダーをセットする
・サーバーに給水されるかを確認する

 

以上がボトルの交換方法になります。

 

ボトルから水をこぼしてしまうようなリスクは基本的にありません。

 

まずは、それぞれのサーバーの説明書をよく読み、ボトル交換方法を覚えましょう。

 

あとは何回か行えば慣れるはずです。

 

仮にサーバーの給水がされなければミスをしている可能があるので、確認したうえで再度作業を行ってください。

 

給水時は音がしますので、その音できちんと交換できたかを確認するのもおすすめです。

 

 

■レンタルウォーターサーバーの回収について

 

・リターナブルボトルについて

 

こちらのボトルは回収されることになります。

 

しかし、面倒になることは一切ありません。主に二つの方法で回収されることになります。

 

・ボトル宅配時に配達員に直接渡す
・ボトル取り置き場に空ボトルを置いておく

 

以上の二つの方法のうち利用しやすい方を選択できることもあります。

 

取り置き場を用意できるのなら、家にいなくてもボトルの受け取りができるのでおすすめです。

 

リターナルボトルはごみを出さないといった環境面からみたプラスもあります。

 

・ワンウェイボトルについて

 

こちらは回収されることがありません。

 

ボトルは柔らかい素材でできているので、潰して小さくした状態にすることで家庭ごみとして出せるのです。

 

回収について面倒だと感じるのなら、ワンウェイボトルタイプのサーバーを利用しましょう。

 

 

■ボトルの交換や回収に関する口コミ

 

・最初はボトル交換もぎこちなかったですが、最近は流れ作業のように簡単に行っています。
・ボトルを玄関先に置いておくことで、勝手に回収してくれるので手間もかかりません。

 

上記のような口コミも発見できました。

 

ボトルの交換や回収はほとんどの方が実際に負担に感じていないようです。

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓