引越が心配|全国発送OKのウォーターサーバーを利用しよう

引っ越しが多い方も少なくありません。

 

繰り返し転勤して、全国を飛び回っている人も多いのです。

 

関東の次は近畿、その次は九州地方なんて人もいるのです。

 

そんな時に注意したいのが、ウォーターサーバーの契約です。

 

契約を途中でやめてしまうと解約金を取られてしまうこともあります。

 

10,000円前後の出費になってしまうかもしれません。

 

しかし、その解約金を支払わないでも良い方法があるのです。

 

詳しく解説しますね。

 

 

■全国対応しているウォーターサーバー業者であれば解約する必要なし

 

・引越し先でも継続利用できる

 

大手のウォーターサーバー業者であれば、契約を解除する必要も全くないわけです。

 

全国対応であれば、どこでも水を送ってくれます。

 

解約しないでいいので、解約金を請求されることもありません。

 

特に、関東から関西、関西から関東といった引っ越しであれば、同じ業者でも対応している可能性は極めて高いです。

 

人口の多い地域なので、ウォーターサーバー業者も対応地域としているのです。

 

また、北海道や九州に関しても、基本的に対応しているところは少なくありません。

 

離島の場合は難しいですが、地方でもある程度はウォーターサーバーを利用できる環境があります。

 

 

■どんなタイプの業者であれば全国対応してくれるのか?

 

・RO水を取り扱っているところであれば問題なし

 

RO水の原料は水道水です。

 

それぞれの地域で水を生成できるわけなので、全国対応できる可能性が極めて高いんですよ。

 

 

・全国対応できないウォーターサーバー業者の特徴

 

たとえば、富士山の天然水しか取り扱っていない業者は全国対応していないケースが多いです。

 

富士山にある工場で採水して、精製してボトルに詰めているのです。

 

「関東や中部地方、そして近畿程度までは配送範囲としていますが、北海道や中国地方、四国や九州沖縄といった地域には対応していないことが多いです。

 

ただ、天然水しか取り扱っていない業者は、全国対応していない、というわけではありません。

 

ある天然水を取り扱っている全国対応のウォーターサーバー業者の場合は、

 

・富士山の水(静岡の天然水)
・京都の天然水
・日田の水(大分の天然水)

 

を取り扱っています。

 

西日本の経天然水に配送もできるわけなので、全国対応できるわけです。

 

引越し先によっては、今までと同じ水が利用できないこともあるのですが、同じサーバー業者を利用し続けられる、といったメリットがあります。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓