業務用と家庭用ウォーターサーバーの違いをチェック!

ウォーターサーバーにも、業務用タイプと家庭用タイプが有ります。

 

その2つのタイプには実際にどのような違いがあるのでしょうか。

 

こちらで詳しく解説します。

 

 

■業務用ウォーターサーバーはコストパフォーマンスが良い

 

・水の消費量が早く多くを使うので水単価が低めに設定されている

 

業務用ウォーターサーバーは、オフィスや店舗などに設置されています。

 

一般家庭であれば、1日の利用人数は多くても4人から5人です。

 

一方のオフィスや店舗ともなると、10人や20人ではきかないこともあります。

 

1日で50人や60人利用することだって考えられるわけです。

 

12リットルボトルを1日で消費してしまうことも少なくありません。

 

それだけ利用するにもかかわらず、家庭用と水の値段が一緒だと、かなりキツイですよね。

 

だからこそ、水の料金が低めに設定されていることが多いのです。

 

業者間で特別な契約を交わして、一般家庭よりも格安で利用していることも多いんですよ。

 

 

■業務用ウォーターサーバーは様々なドリンクが飲めることも

 

・温水と冷水だけではない

 

お茶が出てくることもありますし、コーヒーが出てくることもあります。

 

一般家庭に設置されるウォーターサーバーに比べて、かなり特殊な内容になっているのです。

 

店舗で少しお客さんをおまたせしている状況の時には、やはり飲み物の提供は書かせませんよね。

 

しかし、お客さんの中には水ではなくお茶が飲みたい、といったケースも考えられるのです。

 

そんな要望に答えてくれるのも、業務用ウォーターサーバーの特徴なのです。

 

 

■家庭用ウォーターサーバーはコンパクトなタイプが多い!

 

・設置場所が狭くても問題なし

 

家庭用ウォーターサーバーの中には、卓上タイプもあります。

 

8リットルボトルタイプや、4.5リットルボトルタイプのサーバーもあるのです。

 

一人暮らしをしており、少量の水しか利用しない、なんて方も家庭用ウォーターサーバーであれば安心ですよ。

 

一方の、業務用ウォーターサーバーの場合は、19リットル近いボトルタイプもあるのです。

 

サーバー自体もかなりの大きさになり、狭い場所では利用できないことも少なくありません。

 

サーバー自体の大きさの違い、といったものには目を向けておきましょうね。

 

 

■家庭用と業務用の同じ部分もチェック

 

・諸費用に注目

 

メンテナンス料金やサーバーレンタル代金、配送料といったものは基本的に同じです。

 

最近では、それらが完全無料のところも出てきました。

 

少しでも安くサーバーを導入したいのであれば、水以外の余計な費用がかからないところを利用するのがおすすめですよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓