元業者に聞いてみた!ウォーターサーバーで多いトラブルとは?

ウォーターサーバーは機械です。最近はメカニカルなトラブルも減ってきたと言われています。

 

しかし、長く使っていれば、当然ですが壊れてしまうこともあります。

 

こちらでは、ウォーターサーバー業者に勤めていた経験がある方に聞いた、サーバートラブル例について詳しく解説します。

 

実際に、どんな故障・トラブルが多いのでしょうか。

 

 

■温水機能と冷水機能のいずれかが使えなくなってしまう

 

・温水コックを開いても常温の水が出てくる
・冷水コックを開いても常温の水が出てくる

 

温めたり、冷やしたり、といった機能が利用できなくなってしまうケースが多く報告されています。

 

エコモードにしたことで、温水機能が落ち込むことや冷水機能が落ち込むことを知らなかった方による勘違いも一部でありました。

 

しかし、実際にウォーターサーバーで、冷水機能と温水機能が壊れてしまうことはあるのです。

 

この場合の対処方法は、マシーンの取り替えになります。

 

スタッフが来てもすぐには直せなかったり、部品を交換するのも大変だからです。

 

そもそも、温水機能と冷水機能は、ずっと使いっぱなしの状態になります。

 

24時間いつでも冷たい水と温かい水が飲めるのも、ウォーターサーバーの特徴ですよね。

 

とりあえず業者に連絡して対応をしてもらいましょう。

 

 

■サーバーから水漏れがしてしまった

 

・サーバーの内部が損傷してしまった

 

水漏れトラブルもサーバーのトラブルとしては極めて多いです。

 

ウォーターサーバーは12リットルもの水が、ボトルに入っていることもあります。

 

その水が床にこぼれてしまっては大変ですよね。

 

こちらの対応方法としては、すぐにボトルを取り外して、これ以上のトラブルが起きないようにしてください。

 

そして業者に連絡します。

 

自分では直せるトラブルではありません。

 

基本的にサーバーを取り替えることになります。

 

こちらも冷水機能や温水機能のように、簡単に直せるトラブルではないのです。

 

ちなみ、水漏れのトラブルはサーバーが転倒したと気に起きやすいです。

 

転倒防止機能などが付いているサーバーも多いので利用してくださいね。

 

 

■子供がやけどを負ってしまった

 

・温水機能にいたずらしてしまう

 

お子さんがいる家庭にウォーターサーバーがある確率が非常に高いわけです。

 

そのお子さんが、サーバーにいたずらしてやけどを負ってしまうケースが少なくありません。

 

これは故障ではないので、対処法はあまりありませんが、チャイルドロック機能に注目です。

 

最近では多くのサーバーにチャイルドロック機能が付いているのです。

 

お子さんがいたずらを防止できます。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓