水の需要知識!疲れに効く水。赤ちゃんに×な水とは?

ウォーターサーバーを利用するのであれば、一定の水に関する知識を持って置かなければなりません。

 

そもそも、ウォーターサーバー業者では様々な水の種類を用意しているところもあるのです。

 

3種類から5種類程度あるところもあり、そのうちどれを選ぶかの判断基準の知識を持っておくべきです。

 

こちらでは疲れた時にはどんな水がおすすめなのか、更に赤ちゃんに飲ませてはいけない水についてお話します。

 

最近、疲れやすいという人、家に赤ちゃんがいる人は必見です。

 

 

■疲れを解消する水とは?

 

・炭酸水がおすすめである

 

疲れの原因の一つに乳酸と呼ばれるものがあります。

 

運動をすると筋肉に乳酸がたまってしまい、身体を動かしにくくなってしまうのです。

 

乳酸のおかげでもうひと頑張りできないこともあるんですよ。

 

そんな乳酸に対処できるのが炭酸水なのです。

 

炭酸水には重炭酸イオンと呼ばれる物質が含まれており、発生した乳酸を中和してくれる作用があるのです。

 

たとえば、激しいスポーツをした後に炭酸水を飲んでみましょう。

 

疲れがすぐに抜けるように感じる人も少なくありません。

 

炭酸水は定期的に飲むのもお勧めですよ。

 

通勤だけでも疲れてしまうことはありますよね。

 

満員電車では座れないので、足に疲れが出やすいのです。

 

炭酸水を普段から飲んでいれば、乳酸が発生しにくい状態を作れます。

 

 

・肥満の方にもおすすめな炭酸水

 

疲れとは少し違いますが、満腹感を創出してくれます。

 

炭酸水の泡街を刺激して満腹感を出してくれるのです。

 

肥満の方は、ちょっと動いただけでも疲れてしまいますよね。

 

まずは痩せるためにも、炭酸水を利用してみる、なんてことはいかがでしょうか。

 

 

■赤ちゃんが利用してはいけない水とは?

 

・水道水を煮沸させたもの
・硬度が高い水(硬水)

 

水道水には塩素が含まれていますよね。

 

水の安全性を高めるためにも、消毒目的で使われているのです。

 

その塩素は匂いや味もあり、問題もあるとのことで、赤ちゃんに与える時は煮沸するわけです。

 

水道水を煮沸すると酸素欠乏症を引き起こしてしまう可能性があります。

 

煮沸することで、水道水に含まれていた硫酸塩の濃度が濃くなってしまうのがわかっており、酸素欠乏症が起こってしまうのです。

 

硬度が高い水は、赤ちゃんの腸に対する負担が極めて高いといった特徴があります。

 

臓器がまだ成熟していないわけです。

 

水に含まれるミネラルをうまく処理できないので、お腹を壊して下痢してしまうのです。

 

赤ちゃんには硬水ではなく、軟水を与えてください。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓