どんな感じかな?ウォーターサーバーがあるお宅のイメージとは

最近では珍しくはなくなってきたと思いますが、以前はウォーターサーバーのあるお宅は珍しいものでした。

 

ちょっとしたセレブ感もあったわけですが、現在はどんな印象なのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

 

■食の安全に気を使っているイメージ

 

・放射線などに気を使っている

 

2011年の原発事故の影響で、水道水に放射線が含まれてしまったことは周知の事実だと思います。

 

実はそれ以来、一気にウォーターサーバー利用者が増えました。

 

ウォーターサーバーの水は、水道水よりも安全性は極めて高いわけです。

 

そんな理由からも、放射線などに気を使っている、といったイメージが有ります。

 

 

・実際にウォーターサーバーの水の安全性は高いのか?

 

極めて高いです。水道水の問題は放射線だけではありません。

 

安全性のために、塩素などが含まれているわけです。

 

その塩素によって発がん性物質も微量ではありますが、発生してしまっています。

 

さらに、有害な金属系の物質も含まれているのです。

 

ウォーターサーバーの水には、塩素も金属物質もほとんど含まれていません。

 

更に定期的な放射線検査も実施しています。

 

幼いお子さんにも飲ませられる水が利用できるわけです。

 

 

■飲み物の美味しさにこだわっているイメージ

 

・ウォーターサーバーの水は美味しい

 

ウォーターサーバーで利用されている水は、天然水とRO水になります。

 

天然水には、自然界にあるミネラル分が自然に付加されています。

 

絶妙なバランスで、しかも飲みやすい軟水状態なのです。

 

日本人がおいしいと感じやすい味わいになっています。

 

RO水に関しても、美味しさは確保されています。

 

RO水は、水を生成するときにミネラル分を添加しています。

 

添加していることをマイナスに捉える方もいるのですが、実はそれによって味が調節できるのです。

 

調度よい美味しさにしているRO水も実際に多く、天然水と同様に軟水なのです、飲みやすく美味しさを感じやすい味わいにされています。

 

 

・料理も邪魔しない味わいである

 

硬水を料理に使ってしまうと、少し味が変わってしまうことがあります。

 

硬水自体に、少し苦味があるのです。

 

しかし、ウォーターサーバーでよく使われている軟水には癖がありません。

 

非常に飲みやすい味わいとなっているのです。

 

 

■セレブなイメージは今でもあるのか?

 

・まだ多少はセレブなイメージあり

 

以前のような特別な家庭にしかない、といった状態ではなくなってきました。

 

実際に、殆どの家庭が1ヶ月あたり数千円の費用で利用できているのです。

 

高額所得者でなければ利用できない、なんてことはないんですよ。

 

身近で庶民的になってきたのがウォーターサーバーなのです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓