気になる!ミネラルウォーターで高血圧が防げるのか?

高血圧で悩んでいる方もかなり多いと思います。

 

高血圧は健康を害してしまうものでもあり、将来的には生命をも脅かしてしまうかもしれません。

 

一方で、ミネラルウォーターを飲むことで高血圧が防げるのではないか、といったことも言われているのです。

 

こちらではミネラルウォーターと血圧の関係について詳しく解説します。

 

高血圧気味の方は必見ですよ。

 

 

■水の摂取量が少ない事自体が高血圧を招くこともある!

 

・水は意識的に摂取すること

 

高血圧は、塩分の取り過ぎなどによって起きることになります。

 

水の摂取量が少なければ、その塩分の濃度が血中でも高まってしまうのです。

 

ですから、意識的にミネラルウォーター摂取して、高血圧になりにくい状態を創出してやらなければなりません。

 

そもそも塩分濃度が血中で高まると、血液中の水分量が増える結果を招きます。

 

その結果、血圧が高まってしまうのです。

 

塩分の摂取を抑えるとともに、普段から水を飲むことを忘れないで下さいね。

 

 

■ミネラルウォーターに含まれるカルシウムとマグネシウムに注目

 

・ミネラル成分が血圧に効果を発揮してくれる

 

ミネラルウォーターには、基本的にカルシウムとマグネシウムが含まれています。

 

それらを摂取することで、血圧を下げることに役立ってくれます。

 

ちなみにミネラルウォーターには、硬水と軟水があります。

 

軟水はミネラル成分の量が少ないです。
一方の硬水に関しては、ミネラル成分の量が多めになるのです。

 

高血圧対策として、ミネラルウォーターを飲むのであれば、できれば硬水を利用すべきです。

 

しかし、硬水は味にも一定のくせがあるので、その点は注意してください。

 

飲みにくさを感じて飲まなくなっては本末転倒なので、軟水でも構いませんよ。

 

 

・水の性質にも注目

 

高血圧対策のミネラルウォーターとしては、アルカリ性が効果的とされています。

 

ですから、マグネシウムとカルシウムをしっかりと含んだアルカリ性の水を探して飲むのが良いわけです。

 

ただ、週に1回くらい飲んだだけでは意味がありませんよ。

 

継続的に毎日飲むのが大事なのです。

 

気まぐれに何日かに1回の飲用では、高血圧は防ぎようがありません。

 

 

■バナジウム含有のミネラルウォーターに注目

 

・血中コレステロールに効果あり!?

 

最近富士山などで採水されるミネラルウォーターに、バナジウムが含まれていることが話題になっています。

 

そのバナジウムには、血中コレステロールの低下作用があるのです。

 

血液がサラサラになり、高血圧対策ができる水なんですよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓