のどが渇いてからでは遅い!水は早めに飲むべき

暑い季節になると脱水症状が恐ろしいです。

 

生命をも危険にさらしてしまいます。

 

一方で、寒い時期も気をつけなければなりません。

 

寒い時期は喉が渇きにくいので、つい水を飲みにくくなってしまうのです。

 

結果、真冬でも脱水症状が起こってしまうこともあります。

 

こちらでは、どんなタイミングで水を飲むのがおすすめなのか、といったお話をさせてもらいますね。

 

 

■喉が渇く前に水は飲むこと

 

・のどが渇いてからでは遅い

 

夏であれば、頻繁に喉が渇きやすいかもしれません。

 

しかし、冬は喉が乾きにくいのです。

 

更に、水泳をしている時も、脱水症状に陥っているのに水に触れていることでのどが渇いていないように勘違いを身体はしています。

 

のどが渇いてから水を飲む、といったことでは水分の摂取が遅れてしまうわけです。

 

喉を乾く前に水を飲む、といったことを心がけてください。

 

たとえば、1時間30分毎に飲む、2時間毎に飲む、といった対策でも構いません。

 

そもそも、水は少し多めに飲んだとしても、身体に大きなマイナスの影響をあたえることはないのです。

 

水を飲んだとしても、カロリーはないので太ることもありません。

 

女性も安心して積極的に飲んでくださいね。

 

 

■水を積極的に飲むことのメリットとは?

 

・水の排出が進む

 

むくみで悩んでいる女性は特に多いですよね。

 

むくみは、水太りといった表現をされるのですが、それは完全なる誤りなのです。

 

なぜむくむのかといえば、水を沢山摂取しているからではありません。

 

水の摂取量が少ないので、身体は体内に水を貯めこんでしまうのです。

 

水の排出量が少なくなれば、当然体にある水の量が減るのを防ごうとしますよね。

 

そこで積極的に水を飲むようになります。

 

定期的に水を摂取できるので、身体は体内に水を貯めこむ必要がない、と判断します。

 

むくみにくい体質が得られるようになります。

 

 

・エネルギーの消費率がアップする

 

要は、痩せやすい体質が見ずによって得られるのです。

 

体内でエネルギーを燃焼させるためには、絶対的に水が必要になるのです。

 

水が充足していれば、体内のエネルギーが消費されるようになり、ダイエットもう効率的に行えますよ。

 

ダイエットを考えている方は、とりあえず水を多めに飲んでみませんか。

 

もしかしたら、それだけでもダイエットが出来てしまうかもしれませんよ。

 

ちなみに、水を摂取すると代謝もアップします。

 

汗をかきやすくなり、エネルギーの消費率も良くなるのです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓