ウォーターサーバーの水の選び方|体にいい水って人によって違う

ウォーターサーバーの水は、好みもあります。

 

美味しいと感じるものもあれば、まずいと感じてしまうものもあるかもしれません。

 

さらに、体に負担をかける水や、負担をかけない水があることも事実なのです。

 

こちらではウォーターサーバーの水と我々の身体の関係性について詳しく解説します。

 

実際にどんな水を利用すると、我々の健康や美容に良い結果をもたらしてくれるのでしょうか。

 

 

■赤ちゃんのいる家庭に飲んで欲しい水がある

 

・純水や硬度が極端に低い水がおすすめである

 

赤ちゃんは生まれたばかりなので、体の状態がまだまだ不安定です。

 

特に腸の発達がしていないので、水の影響を強く受けすぎてしまうことがあります。

 

具体的には、赤ちゃんの腸は、ミネラルをうまく処理できないのです。

 

ミネラル成分の多い水を摂取してしまうと、赤ちゃんにとっては大きな負担となってしまいます。

 

実際に、下痢を起こしてしまうこともあるんですよ。

 

 

・ミネラルの低い水・・・高度が低い水

 

ミネラル成分表を見たとしても、多いか少ないかの判断はなかなか難しいと思います。

 

分かりやすいのが、硬度なのです。

 

ミネラル成分が多いと、硬度が上昇します。

 

いわゆる硬水と呼ばれるタイプの水になります。

 

一方で、高度が低い水は軟水と呼ばれます。

 

ミネラル成分が少ないので、赤ちゃんにも安心して飲んでもらえる水なのです。

 

究極的に高度が低い水が純水になります。

 

純水はミネラル成分を完全に除去しているので、硬度はゼロに限りなく近いです。

 

ウォーターサーバーで純水を取り扱っているところも有るので、赤ちゃんがいるご家庭は利用を検討しましょう。

 

純水でなくても、超軟水といった部類の水であれば赤ちゃんも安心です。

 

硬度が30以下の水を超軟水と読んでいるケースが多いので、ウォーターサーバー業者をチェックしている時に硬度を確認して下さい。

 

 

■ダイエットをしている方におすすめの水

 

・硬度の高い水がおすすめ

 

便秘に悩んでいる方もいると思います。

 

便秘状態になると、便が長時間に渡り腸内にとどまり続けてしまうのです。

 

その結果、栄養素を腸が摂取しまくってしまい、太りやすくなるのです。

 

そこで出番になるのが硬水です。

 

硬水は、便の排出を早くする機能があるのです。

 

便を柔らかくするような作用もあり、ダイエット向きになります。

 

ウォーターサーバーで硬水を取り扱っているところは少ないですが、ダイエッターの方は探してみましょう。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓