天然水の飲み口の印象は奥が深い|味わいの秘密に迫る!

天然水には素晴らしい特徴が実際にたくさんあるのです。

 

天然水の飲み口について、何か感じたことはありませんか。

 

かなり美味しく感じますよね。

 

こちらでは天然水の味わいの秘密を探ってみます。

 

なぜあれほど美味しいのでしょうか。

 

知りたい方には必見のテーマです。

 

 

■産地による天然水の味わいの違い

 

・富士山には富士山の味わい、六甲山には六甲山の味わいあり

 

天然水は、全国各地で採水されています。

 

そしてそれぞれの地域の良さ、といったものがあるのです。

 

そもそも、どこの天然水でも味わいが一緒だったらどうでしょうか。

 

面白くありませんよね。

 

ウォーターサーバーの中には、3つから4つの産地の天然水を選択できるケースも有ります。

 

そういった業者を利用しているのであれば、それぞれの産地の味わいを試してみませんか。

 

アナタ好みの味わいが見つかるかもしれません。

 

 

■なぜ産地によって天然水の味が異なってくるのか?

 

・硬度に大きな違いがある

 

水の味には硬度が大きく関わっている事実があります。

 

硬度が高い時に我々が感じる味わい、硬度が低い時に我々が感じる味わいが実際にあるのです。

 

国内の天然水は基本的に硬度が低めになります。

 

軟水と呼ばれているのですが、軟水であったとしても産地によって硬度は大きく異なるのです。

 

70から80あるものもあれば、30を切ってくるものもあります。

 

硬度とは、ミネラル成分の含有量を指名しています。

 

ナトリウムやマグネシウム、そしてカルシウムなどの含有量が多くなれば硬度は高くなります。

 

それらの含有量が少なければ硬度は低くなるのです。

 

 

・ミネラル成分が少ないと健康に問題はでないのか

 

水でミネラルを我々は摂取しているわけではありません。

 

摂取したとしても微々たるものです。

 

仮に硬度の高い外国の水を飲んだとしても、そのほとんどが排出されてしまいます。

 

健康に対する寄与といったものに関しては、水に含まれるミネラルはあまり関係ないのです。

 

 

■天然水の味わいの基本はまろやかであること

 

・飲みやすさ抜群

 

国内の天然水の特徴は、味のまろやかさにあります。

 

キツイ味わいがすることもありません。

 

甘味や酸味、そして苦味が程よくバランスを持っているのです。

 

国内の天然水に関しては、特に甘みの奥深さが有名です。

 

ウォーターサーバーの天然水でもしっかりと深みのある味わいは楽しめるので、利用を検討してみませんか。

 

おいしい水は料理とも相性が良いので、使い道は飲むだけではありません。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓