水は体を守るために大切|天然水が安心して利用できる理由

水は生き物にとってなくてはならないものです。

 

特に人間は、1日でも摂取しなければ大変なことになってしまいます。

 

水の中でも特に安全性の高い天然水をおすすめします。

 

こちらでは、なぜ天然水は安全性が高いのか、といった点について詳しく解説します。

 

 

■添加物が含まれていない!

 

・天然水のミネラルは自然界にあるミネラルが付加されたものである

 

よくスーパーで売られているミネラルウォーターを天然水だと思っていませんか。

 

もちろん、天然水である場合もあります。

 

しかし、多くがミネラルを添加されているものなんですよ。

 

水の味わいなどを調節するための意味も含めて、水にミネラル成分を混ぜ込んでいるものなのです。

 

この場合のミネラルは添加物になりますよね。

 

一方で、天然水は自然とミネラル成分がついています。

 

地下で大地のミネラルを吸収した天然水を組み上げて、ほとんどそのままの状態で我々は飲むのです。

 

ミネラルが添加されているわけでもなく、自然の恵みをそのまま口の中に入れているような感覚になるわけです。

 

 

■定期的な検査を実施しているケースが多い

 

・放射線検査を第三者機関が実施中

 

天然水を我々に提供してくれるメーカーの多くは、検査を強化しています。

 

2011年の東日本大震災における原発事故で、東日本には多くの放射線が撒き散らされたのです。

 

水道水に放射線は入ってしまったことも記憶に新しいですよね。

 

スーパーにミネラルウォーターを求める長蛇の列ができてしまいました。

 

大人であれば、放射線が入った水をある程度飲んでもすぐにどうこうなるわけではありません。

 

しかし、問題は子供です。

 

これから数十年間も生きることになるので、放射線の体内の蓄積が心配されるのです。

 

天然水がおすすめできる理由として、放射線の検査があります。

 

含まれているかを定期的に検査して、その結果を公表しています。

 

今まで天然水に高濃度の放射線が含まれていたケースはないので、心配はありません。

 

しかし、定期的に検査を実施していること自体に大きなメリットがあると思います。

 

安心感が違いますよね。

 

 

■金属性有害物質や発がん性物質が含まれていない

 

・水道水と比較して圧倒的に安全である

 

水道水には金属系の有害物質が多く含まれています。

 

さらに衛生状態を高めるために塩素を入れることによって、発がん性物質を生成してしまっているのです。

 

しかし、天然水には金属製物質が含まれていません。

 

さらに塩素も含まれていないのです。

 

水道水と比べると、安全性が圧倒的にあるのが天然水です。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓