損しないコスパ抜群のウォーターサーバーの特徴とは

ウォーターサーバーを利用する前にしっかりとチェックしておかなければならないのが、コストパフォーマンスになります。

 

いくらになるか分からないものにお金をつぎ込むのはかなり危険です。

 

こちらでは、損しないタイプのウォーターサーバーの特徴について詳しく解説します。

 

 

■電気代が安いタイプのウォーターサーバーがおすすめ

 

・月に1,000円を切ってくると安い!

 

電気代は、ウォーターサーバーの中ではかなり重要なものになります。

 

そもそもウォーターサーバーは、電源を入れっぱなしに使うものになります。

 

月にかなりの金額がかかってしまうのではないか、といったことも実際に思われています。

 

しかし、ウォーターサーバーの電気代は高くありません。

 

ポットの電気代を知っているでしょうか。

 

実は月に1,000円程度なんですよ。その金額とほとんど変わらない費用で済むサーバーが多いのです。

 

ウォーターサーバーは温水機能だけでなく冷水機能もあってその値段なので、いかにお得であるかが分かりますよね。

 

安いタイプのコスパ抜群のウォーターサーバーは、月の電気代が1,000円以下になります。

 

仮に700円から800円程度になると、かなり安いタイプとなりますよ。

 

 

・省エネモードの有無について

 

ウォーターサーバーの中には、省エネモードを搭載しているものもあります。

 

省エネモードを利用すると、月の電気代金が格安になります。

 

そのかわり温水機能と冷水機能が弱くなってしまいますが、コスパを気にするのであれば利用すべきです。

 

省エネモードを利用すると、月に500円以下の電気代で済むサーバーも実際にあります。

 

 

■サーバーレンタル料がかからないところがおすすめ

 

・サーバーレンタル代金の目安・・・月に1,000円程度

 

月に1,000円の場合は年間で12,000円になります。

 

そのお金がかかってくるか、かかってこないかでは非常に大きな違いがあるわけです。

 

コスパを気にしているのであれば、レンタル料がかからないサーバーを探し出して利用しましょう。

 

レンタル料がかからないサーバーも多くありますよ。

 

 

■水の値段からウォーターサーバーのコスパを考える

 

・コスパ重視ならRO水がおすすめ

 

ウォーターサーバーには、天然水とRO水があります。

 

天然水は比較的高めに値段が設定されており、RO水に関しては低価格になります。

 

天然水の値段は12リットルで2,000円前後、RO水は12リットルで1,200円前後になります。

 

月にボトル4本を利用すれば、月の料金が3,200円ほども変わってしまうのです。

 

天然水でなければならない、と考えているなら、RO水を利用できるサーバーを探しましょう。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓