子供にも安全な水とは?厳しい審査と天然水のこだわりについて

幼いお子さんが家にいると、食の安全性に気をつけると思います。

 

その中でも、特に水の安全性は気になるところです。

 

身体に悪いものを与えているようなことがあれば、基本的に摂取量が多いものになるので何らかの影響が出る可能性もあります。

 

では、安全性が高いウォーターサーバーは実際に安全な水なのでしょうか。

 

いろいろと調べてみたので、ウォーターサーバーを導入するか迷っている方は参考にしてください。

 

 

■水道水について

 

まずは、水道水の安全性を考える必要があります。

 

まずは、大前提として、水道水は基本的に安全なものです。

 

一般的な飲み方をする分には問題はありません。

 

しかし、その前提が崩れることがありました。

 

東日本大震災です。大きなニュースになったと思いますが、関東の浄水場で放射線が検出されたということがありました。

 

原発事故で放出された放射線が水の中に含まれてしまったのです。

 

放射線は大量に触れなければ、すぐに影響があるということは考えにくいです。

 

しかし、将来的にはどのような影響が身体に出るか分かりません。

 

甲状腺がんになりやすいとの報告もあり、身体の小さなお子さんが飲めば、特にその影響が大きく出てしまう事もあり得るのです。

 

 

■ウォーターサーバーの水について

 

・放射線調査を定期的に実施

 

ウォーターサーバー業者のほとんどでは、放射線に対する調査をかなり定期的に行っています。

 

3カ月から4カ月に1回という業者もあれば、毎月実施しているところもあります。

 

問題があれば、すぐに出荷停止ができるシステムを採用しているところも多いです。

 

 

・放射線調査の結果について

 

多くの業者の調査結果を調べてみましたが、特に検出という結果を発見することはできませんでした。

 

特に精度を上げて国の基準よりもはるかに厳しい数値で調査しても、検出されなかったということです。

 

放射線については、水道水に比べウォーターサーバーの水は安全性が高いと判断できます。

 

 

■天然水の安全性について

 

ウォーターサーバー業者の多くは天然水を利用しています。

 

山のふもとの地下水からくみ上げたものになります。

 

ほとんど手を加えずに、そのまま提供しています。

 

ちょっとした殺菌や濾過をしただけになるので、添加物などが含まれていません。

 

子供が添加物の多い食品を食べると後に影響が出てくるとも言われていますが、天然水にはそのような心配はありません。

 

 

■子供でも飲みやすい硬度

 

・軟水がおすすめ

 

ウォーターサーバーの水はほとんど軟水となります。

 

硬水を飲むとお腹を下すという事も言われていますが、軟水にはそのような危険性がありません。

 

ウォーターサーバーの水には超軟水といわれる硬度30以下のものを利用していることもあります。

 

口当たりが優しいので飲みやすい水になります。

 

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓