心配!ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫なのか?

ウォーターサーバーを利用するときには、衛生面がどうしても気になってしまいます。

 

衛生面が悪ければ、健康状態に問題が出てきてしまうかもしれません。

 

こちらでは、まずは水の衛生面についてお話して、その後にサーバー自体の衛生面について詳しくお話します

 

幼いお子さんが家にいて、少しでも安全な水を飲ませたいと思っている方は必見ですよ。

 

 

■水の衛生面について

 

・全く問題なし

 

ウォーターサーバーを利用している方の目的は、衛生条件の良い水を利用することでもあります。

 

仮に、サーバーで利用する水が汚れているのであれば、本末転倒なのです。

 

ウォーターサーバーで利用できる水は、

 

「天然水」
「RO水」

 

のいずれかになります。

 

両方とも圧倒的に安全性が高く、身体にマイナスの影響をあたえることは考えられません。

 

天然水は、数百年かけてゆっくりと濾過された水でもあります。

 

外気にも長年触れていないので、放射線もPM2.5も関係ありません。

 

RO水に関しては、微細な穴を持った特殊なフィルターに水を通します。

 

どんな汚れや不純物も取り除けると言われています。

 

実際に、放射線まで取り除けてしまうんですよ。

 

水の安全性にこだわりたいのであれば、ウォーターサーバーを積極的に利用すべきです。

 

 

■ウォーターサーバーの衛生面について

 

・管理が必要になる

 

ウォーターサーバーは長く使うことになるので、管理によっては衛生面に問題が出てくることになります。

 

そもそも、菌は水の周りに発生する、といった特徴があるのです。

 

ウォーターサーバーで菌が発生しやすい場所といえば、まずはコックの周りになります。

 

水が飛び散っているケースが多いので、衛生状態が極めて悪いこともあるのです。

 

定期的に、掃除をするなどして対処してくださいね。

 

さらにボトルの接地面についても菌が繁殖します。

 

ボトルの接地面に菌が繁殖してしまうと、ボトルの水にも菌が混入して問題が出てきてしまうのです。

 

接地面についても、ボトルを取り替えるごとに、アルコールなどで綺麗に掃除してください。

 

 

■ウォーターサーバーを少しでも安全に使うために注目すべきこと

 

・ワンウェイボトルを利用すること

 

ウォーターサーバーのボトルには、硬化プラスチックを使っているリターナブルボトルと、伸縮性のワンウェイボトルがあります。

 

ワンウェイボトルは、その特性から空気が混入しにくいのです。

 

圧倒的にボトル内に菌が繁殖しにくい状況にしてくれる、といったメリットが有るのです。

 

衛生面を気にしている方は、ワンウェイボトルの利用を計画しましょう。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓