ウォーターサーバーの水はペットにも安全?

ウォーターサーバーを導入する理由として、多くの方が掲げているのが安全性になります。

 

原発事故の衝撃もありました。

 

水道水に照射性物質が入ってしまったとニュースにもなりましたよね。

 

一方ウォーターサーバーの地下水やRO水といった安全性の高いものを利用しています。

 

小さなお子さんでも飲む子ことができるほどです。

 

最近ではペットも家族のようにかわいがるご家庭も多いですが、ウォーターサーバーの水はペットにも良いのかという事を気にしている方も少なくないでしょう。

 

ミネラルなどを添加しているタイプのウォーターサーバーもあるからです。

 

ペットにも利用できるのかについてお話します。

 

 

■全く問題なし

 

・生物にと言って危険性はない

 

ウォーターサーバーで使われている水については、ペットにも全く悪影響はありません。

 

小動物から大型犬のようなものまで、ウォーターサーバーの水を与えても全く問題ないのです。

 

 

・ミネラルウォーターより安全という情報もある!

 

実は市販されているミネラルウォーターをペットに使用することは、危険性があるとの指摘がされています。

 

ミネラルウォーターはかなり加工されているので、特に危険性のない菌まで除去しているのです。

 

無菌状態の水を飲み続けると、ペットも抵抗力不足になり、健康を害すると指摘する専門家までいます。

 

一方で、ウォーターサーバーの中には、地下水をほとんどそのまま利用しているところもあります。

 

ちょっとした処理をして水を調節するだけなので、身体に問題のない菌が入っていることもあるのです。

 

自然界にある状態そのままに近い水なので、それを飲むと抵抗力も通常になるとの事です。

 

 

■ペットにも水はしっかり与えるべき

 

・血行不良
・脱水症以上

 

主に夏になりますが、ペットでも上記したような症状が出てしまう事もあります。

 

水はなるべく多めに与えるようにしましょう。

 

話したり訴えたりすることは、ペットはできません。

 

水の減り具合などを見て、適宜補充すべきです。

 

ちなみにドックフードにウォーターサーバーの水をちょっとかけて与えるのも良いそうです。

 

ドックフードはドライフードになるので、脱水状態を加速させてしまう事もあるのです。

 

ちょっとした気遣いがペットの健康を守ることにもなります。

 

■ウォーターサーバーの水がペットに与える危険性

 

 

・常温にしてから与えること

 

ウォーターサーバーの水は、“温水”と“冷水”になります。

 

基本的にペットに与える場合には冷水になると思いますが、そのまま与えると人間と同じようにおなかが冷えてしまう事があります。

 

水の温度が7度から8度に設定されていることもありますが、しばらく置いて常温になってから与えましょう。

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓