水の安全性にこだわるならウォーターサーバーがおすすめ

毎日飲む水だからこそ、その安全性にはしっかりと注目しなければなりません。

 

何も考えないで飲んでいると、後々、大きな健康被害が出てくるかもしれないのです。

 

体に悪い物質が蓄積されることも十分に考えられますよね。

 

そこで、水の安全性を確保したいのであればおすすめのものがあるんです。

 

それはウォーターサーバーです。

 

こちらではなぜウォーターサーバーの水の安全性が高いのか、といったことについて詳しく解説しますね。

 

 

■水道水のような殺菌成分が含まれていない

 

・「塩素」が含まれていない水を提供してくれる

 

水道水には消毒するためにも塩素が含まれています。

 

水道水は空気中の有うがい物質をどうしても吸着してしまいます。

 

安全に飲無ために「塩素」が含められているわけです。

 

しかし、その塩素にはマイナス面があります。

 

まずはカルキ臭い、といった匂いと味の問題です。

 

この点は、沸騰させると解決しますが、そのまま飲めないのは大きなもん痔ですよね。

 

そしてもうひとつ重要になってくるのが、「発がん性物質」です。

 

これは塩素が含まれると、その発がん性物質が生み出されてしまいます。

 

もちろん、微量なので、即問題が出るとは考えられません。

 

しかし、子供であれば、将来もあるわけです。

 

体内に蓄積されたらどうなるかわからないわけですよ。

 

不安視している方が少なくありません。

 

 

・ウォーターサーバーには塩素が含まれない

 

まず、天然水に関しては、塩素で殺菌消毒することは一切していません。

 

そういったことをしないからこそ、天然水と呼ばれているのです。

 

問題は、RO水です。

 

こちらは原料に水道水を使っているのですが、実はこちらも塩素の問題はありません。

 

そもそも逆浸透膜、といったフィルターを通して水を作るのですが、そのフィルターで塩素も全て除去されてしまうのです。

 

純水といった状態になるので、こちらも非常に安全性は高いのです。

 

 

■天然水はミネラルも天然である

 

ウォーターサーバーといえば、天然水ですが、その水に含まれているのがミネラルです。

 

ミネラルウォーターがスーパーで販売されていると思いますが、それらは添加されているタイプのミネラルが多いんですよ。

 

簡単に言ってしまえば、添加物のミネラルなのです。

 

添加物は健康には良くない、とされていますよね。

 

天然水にもミネラルは含まれていますが、これは添加されたものではありません。

 

自然界で自然と付加されたものなのです。

 

だからこそ安全性も高く、しかも健康効果まで期待できるわけです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓