新しい医療機関の嬉しいサービス|ウォーターサーバーについて

近年、いろいろな場所でもみかけるようになってきたのがウォーターサーバーになります。

 

病院などの医療機関や、薬局などでもおかれているのです。

 

では、なぜそのような医療機関でもウォーターサーバーが置かれるようになったのでしょうか。

 

その秘密を探ってみることにします。

 

 

■患者さんの体調管理のため

 

・病院は2時間待ち3時間待ちもあり得る

 

病院はどこも混んでしまっている印象があると思います。

 

2時間や3時間も何も飲まないでいると、患者さんの体調も大きく損なってしまうかもしれません。

 

実際に、病院に行ったのに、かえって体調が悪くなってしまった、といった患者さんも少なくありません。

 

病院にウォーターサーバーがあれば、患者さんにも気軽に利用してもらえます。

 

待ち時間お暇つぶしに水を飲む、といったことも出来るわけです。

 

体調管理にも役立ちますし、脱水症状などを引き起こさないようにするためにも、積極的な設置がおすすめです。

 

 

■職員の作業効率をアップさせる

 

・職員のためのウォーターサーバーの設置も考えるべき

 

医療機関でのウォーターサーバーは、患者さんのためだけではありません。

 

実は、職員に対応するために設置している所も多いのです。

 

病院には様々な方が働いています。

 

意思や看護師はもちろん、医療事務なども含めると、総合病院であれば数百人が勤めていることもあるのです。

 

そんなにたくさんの方がいても、病院はいつも仕事でいっぱいです。

 

ちょっとした作業効率の悪化が、患者さん対応を遅らせてしまうのです。

 

 

・水をわざわざ買いに行かないで済むようになる

 

職場にウォーターサーバーが設置してあれば、自動販売機やコンビニに飲み物の買い出しに行かないでも済むようになります。

 

職場を離れる時間がそれだけ短くなるわけです。

 

患者さんの回転率もアップして、効率も良くなりますよね。

 

医療機関だけでなく会社でも積極的にウォーターサーバーが設置されているわけですが、実際にそのような理由があるんですよ。

 

 

■医療機関におけるウォーターサーバーの注意点

 

・定期的に衛生状態を確認すること

 

色々な方が利用します。

 

ウイルスなどが蔓延してしまう可能性もあるので、必ずサーバー付近の清掃は定期的に行ってください。

 

水などがはじいたままにすると、そこから細菌が繁殖してしまうこともあるのです。

 

細菌が繁殖してしまうと、患者さんの胃腸に問題が出てくることもあるので、必ず毎日キレイに清掃してくださいね。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓