キレイな水を飲むと便通も良いって本当なの?

事実になります。

 

水入の質にも便通は大きく影響されますし、水そのものにも便通を良くする作用があります。

 

こちらでは便秘で悩んでいる女性に、特に注目して欲しい情報を提供させてもらいます。

 

 

■水を飲むと腸の働きが活発化する

 

・蠕動運動が促進する

 

腸には蠕動(ぜんどう)運動を呼ばれている機能があります。

 

腸に入ってきたものを、排出させる機能なのです。

 

この運動がなければ、いつまでも腸内に食べ物があるわけですよね。

 

我々にはそんな機能が関わっているからこそ、定期的に便が排出されるわけです。

 

しかし、便秘になっている方は腸の働きが著しく低下しています。

 

蠕動運動ができていない状態でもあるのです。

 

蠕動運動が何故できていないかといえば、特に女性にありがちなのがダイエットです。

 

食べ物を制限したり、飲み物を制限すると蠕動運動をしなくなってしまいます。

 

腸に新しいものが入ってくると腸は活発に動き始めるわけです。

 

定期的に水を摂取して入れば、腸の働きが維持され便通が良くなります。

 

そのシステムを理解して実践しましょう。

 

 

■水のミネラル成分が胃腸の働きを活発化させる

 

・天然水に豊富に含まれるミネラル

 

ウォーターサーバーなどでよく取り扱われているのが天然水です。

 

天然水には、天然のミネラル成分が付加されています。

 

そのミネラルは、胃腸の働きを活発化させるのです。

 

天然水は綺麗な水といったものだけではなく、入っている成分も素晴らしいんですよ。

 

硬度の高い水を飲むと便秘が治る、って話を聞いたことがありませんか。

 

「硬度の高い水=ミネラル分が多い水」、となっています。

 

硬度が高い水をのむことでミネラルを大量に摂取し、便がスムーズに出るようになるわけです。

 

※硬度の高い水は赤ちゃんにはマイナス効果をもたらしてしまいます。

 

大人はかまいませんが、全年齢におすすめの水とはいえないので注意してくださいね。

 

 

■1日にどれくらいの水を飲むと便通が良くなるのか?

 

・1.5リットルから2リットルは飲むべき

 

夏はけっこう飲んでいると思うのですが、冬は極端に摂取量が少なくなります。

 

便秘の方が冬に急に増えるのにはそんな理由もあったのです。

 

1.5リットルから2リットルは大変かもしれませんが、定期的に水を飲む癖をつければ問題ありません。

 

特に寝る前の1杯、起きた時の1杯は忘れないでくださいね。

 

その時、それぞれ200ミリリットル飲めば、すでに400ミリリットルは飲んでいることになります。

 

あとは3食の食事の時に500ミリリットルずつ飲めば、だいたい達成となりますよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓