ウォーターサーバーを営業マンから契約する時の注意点

ウォーターサーバーを利用したいな〜、なんて考えている時に急にウォーターサーバーの営業マンが来たら契約を結んでしまいたくなりますよね。

 

そんな時にはいくつか注意してほしいことがあります。

 

安易に契約を結んでしまうと、後悔するのは自分なので気をつけてくださいね。

 

こちらでは、営業マンが来た時に気をつけるべきことをお教えします。

 

 

■水の知識をしっかりと持っているのか?

 

・ウォーターサーバーは水を購入することになる

 

最近では、サーバーレンタル代金や送料などもかかりません。

 

水の料金だけで利用できるケースが増えているのです。

 

そんなことからも、ウォーターサーバーは水が非常に重要なわけです。

 

営業マンが来た時に必ずチェックして欲しいのが、その営業マンの知識です。

 

水について詳しくない相手から購入するのは非常に恐ろしいことですよね。

 

そもそもその業者では、どんな水を取り扱っているのか聞いてみましょう。

 

天然水なのか
RO水なのか
純水なのか

 

以上を必ず問いただしてください。

 

また、複数の種類の水を取り扱っているウォーターサーバー業者も少なくありません。

 

4種類や5種類の水を用意しているところもあります。

 

そのように、複数の水を取り扱っている業者であれば、それぞれの水の違いを聞きましょう。

 

 

・天然水の産地について質問すること

 

天然水の有名な産地としては、

 

富士山
京都
兵庫(六甲山)
大分(日田)

 

などがあります。

 

それぞれの水ですが、実は入っている成分にちょっとした違いがあるのです。

 

例えば、富士山であればあの有名なバナジウムが含まれているのです。

 

そのような簡単な知識くらいは持っている営業マンでないと、変な水を買わされかねません。

 

 

■自分の家庭にあった提案をしてくれるか

 

・オーダーメイドで提案してくれる営業マンがおすすめ

 

一人暮らしであるのに、1ヶ月に12リットルのボトルを4本や5本で契約してこようとする営業マンはよくありません。

 

こちらの家庭環境や水の使用状況などを加味して、利用するだけの分量で契約を進めてくれるような方でなければ信用してはいけないのです。

 

水の本数によって1ヶ月単位の料金もずいぶんと変わってきます。

 

こちらの予算もしっかりと聞いて、親身になって契約を進めてくれる方がお勧めですよ。

 

 

・不利な情報も教えてくれるか?

 

ウォーターサーバーは、早く解約してしまうと違約金を取られてしまいます。

 

その説明をしっかりしてくれるかも、良い営業マンであるか、そうではないかを判断する材料になりますよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓