ワンタッチでお湯が出る!すぐ使える便利さが魅力です!

ウォーターサーバー利用の大きなメリットとして注視してほしいのが、温水が使えるということです。

 

コーヒーや紅茶、お茶などを良く飲む方にお湯がすぐ使えると言った便利さがあるわけです。

 

ウォーターサーバーの温水機能について詳しく解説します。

 

 

■ほとんどのサーバーに温水機能あり

 

以前は、冷水機能だけといったウォーターサーバーもありました。

 

しかし、最近のサーバーのほとんどが、冷水機能もあれば温水機能もあるといった、高機能タイプになります。

 

夏でも冬でも暖かいお湯が利用できるメリットが享受できるわけです。

 

 

■温水機能の温度について

 

 

・70度から90度前後

 

サーバーにより大きな差が現れるのが温度です。

 

特に、通常運転時と省エネ運転時では、大きな差が生まれることがあります。

 

あるサーバーを例にとりますと、通常運転時の温水の温度は80度から90度です。

 

一方で、省エネ運転は70度から80度ほどになります。

 

暑いお湯を利用したい時には、通常運転モードに切り替える事をおすすめします。

 

 

・電気代を左右する

 

温度は電気代にかなり反映されます。

 

温水機能をしっかりと利用するためには、ある程度の電気代がかかると思ってください。

 

月に、1,000円前後はかかることも想定すべきです。

 

ほとんど電気ポットと変わらない数字になります。

 

ぬるくても良いということであれば、省エネモードに切り替えてください。

 

夏はあまり暑いものを飲むことができないケースもあるでしょう。

 

夏だけ省エネモードで活発に運転させるということも考えるべきです。

 

 

■カップラーメンを作れるのか

 

多くの方が温水の利用でイメージするのが、カップラーメンです。

 

作ることができれば、かなり熱い温水が出るということになりますが、無理なのではないか、と思う方も少なくありません。

 

 

・難しいが、無理な事ではない

 

カップラーメンを美味しく作るためには、90度前後は必要といわれています。

 

サーバーによっては、90度ほどまで温めることができます。

 

ですから、カップラーメンを美味しく作る事も出来ます。

 

しかし、サーバーによっては最高で85度までというものもあり、全てで美味しく作れるわけではないです。

 

ウォーターサーバーを契約する前に、必ず温度については目を通してください。

 

それぞれの業者のホームページを確認するか、資料請求をして確かめることが可能です。

 

 

■子供がいる家庭は気をつける事

 

温水をかぶると火傷してしまう事もあるので、子供がいる方は気をつけてくださいね。

 

チャイルドロック機能が付いているかを事前に確かめることも重要ですよ。

 

チャイルドロックをかければ、蛇口をひねってもロック設定を解除しなければお湯が出ることはないので安全です。

 



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓