留守が多くても平気なの?ウォーターサーバーを頼もう!

ウォーターサーバーといえば、定期的に家に水入のボトルが届くわけです。

 

そんな時に家にいなかったら水の受け取りが出来ませんよね。

 

一人暮らしをしていたり、共働きをしているご家庭では、利用に二の足を踏んでしまうと思います。

 

しかし、仮に留守が多くても全く問題がありません。

 

その理由について詳しく解説しますね。

 

 

■ウォーターサーバーの水の受取方法について

 

・運送会社が配送してくる場合

 

指定時間配送を利用できます。

 

自分が家にいて受け取れると思われる時間帯を前もって指定しておけば、確実に受け取れるわけです。

 

最近では、夜の8時や9時まで配送してくれる業者もあるので、仕事をしている方でも、家に帰ってから受け取れるケースも多くなりました。

 

再配達を依頼する、といった方法もあります。

 

仮に時間指定を行っていたとしても、その時間に家にいない可能性だってあるわけです。

 

しかし、運送会社であれば、再配達してもらえます。

 

その時に、こちらが確実に受けと得る時間を指定して、運送してもらえばよいわけです。

 

再配達してもらったからといって、お金が余計に取られるわけではないので安心してくださいね。

 

 

・サーバー業者が自社配達してくれる場合

 

「取り置き」をお願いできます。取り置きとは、玄関先などに、配達してもらったボトルを置いてもらうサービスになります。

 

仮に家にいなくてもそちらに水のボトルをおいて行ってくれるので、家を留守にしがちな方であってもウォーターサーバーサービスが安心して利用できるわけです。

 

水のボトルを返送しなければいけない場合もありますが(リターナブルボトルのケース)、その取り置き場に空のボトルを置いておけばよいだけです。

 

勝手に業者の配送スタッフがそのボトルを持ち帰ってくれますよ。

 

運送会社の配達であっても、自社による配達であっても、受け取りが難しい方であっても十分にウォーターサーバーサービスが利用できるのがよく分かりましたよね。

 

 

■留守しがちな方のウォーターサーバーサービス利用のメリット

 

・水の料金だけで利用できるケースが増えているので低価格でサービスが利用できる

 

家にいる時間が少なければ、自然とウォーターサーバーの利用量は少なくなります。

 

1ヶ月あたり2ボトルから3ボトル程度しか使わない方も実際に多いです。

 

最近のウォーターサーバー業者の中には、サーバーレンタル代金やメンテナンス料を請求しないところもあります。

 

水の料金だけで利用できるところも多くなっており、利用料が少なければ、月々5,000円前後でウォーターサーバーサービスが利用できることもあるんですよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓