ウォーターサーバーに放射能汚染の心配がないって本当?

東日本大震災が起こり、その影響で原発事故が起きてしまいました。

 

放射能汚染が非常に気になる状態が続いているのです。そこでウォーターサーバーが出てきます。

 

こちらでは放射能汚染とウォーターサーバーの関係性について詳しく解説します。

 

 

■水道水ではなぜ行けないのか?

 

・実際に放射線が検出されたことがある

 

原発事故が起こったわけですが、福島で起こったわけですが、実は関東の浄水場で現出されてしまったのです。

 

空気中に放射線がばらまかれてしまっている状態なので、どうしても水にも含まれてしまいます。

 

浄水場では放射線を完全に取り除くことは出来ません。

 

我々はその水を飲むことになってしまったのです。

 

だからこそ、ウォーターサーバーが注目されています。

 

しかし、水道水に放射線が含まれているのであれば、ウォーターサーバーの水にも含まれているのではないか、といったことも考えてしまうものですよね。

 

 

■ウォーターサーバーの水と放射線の関係性とは?

 

・天然水が安全とされている理由

 

天然水はそもそも地中深くから採水しています。

 

大気中の放射線が紛れ込んでしまう可能性は限りなく低いのです。

 

天然水も元々は雨なので、その時に放射線が紛れ込むのではないか、といった心配が頭をよぎる方もいるでしょう。

 

しかし、その心配もありません。

 

そもそも、原発などがなかった数百年前に降った雨を、我々はウォーターサーバーの天然水として飲むことになるのです。

 

 

・RO水が安全とされている理由

 

RO水は逆浸透膜といった細かい穴のフィルターに水を通して精製しています。

 

ちょっとした不純物も取り除けるのです。

 

これはおどろくべきことですが、その膜は放射線をも取り除けることが分かってきました。

 

100%取り除けるわけではありませんが、仮に少量含まれていても、殆ど無い状態にできるのです。

 

RO水の原料は水道水になります。

 

しかし、そのような製法からも放射線に対しては安心できる状態なのです。

 

 

■ウォーターサーバー業者の放射線に対する取り組みにも注目

 

・定期的な放射線検査を実施している

 

ウォーターサーバー業者としても、おおくのかたが放射線に対して恐れていることを知っています。

 

定期的な放射線検査を実施して、消費者にその結果を公表しているのです。

 

無作為に定期的に行われているので、その検査の精度はかなり高いと思われます。

 

どうしても心配な方は、定期的に検査結果をチェックしてくださいね。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓