ミルク作りに最適なウォーターサーバーってどんなタイプ?

赤ちゃんが家にいると、赤ちゃんが中心の生活になりますよね。

 

そして、少しでも安全なものを与えたい、といった気分になるのです。

 

こちらでは、そんな赤ちゃんのミルク作りにおすすめなウォーターサーバーの種類を解説します。

 

特に水が重要になります。奥さんが妊娠しているご家庭、赤ちゃんがいるご家庭には必見のテーマです。

 

 

■硬度が低い水を調乳に利用しよう

 

・赤ちゃんの胃腸に負担をかけない水=軟水

 

赤ちゃんの胃腸は大人とは違って、まだまだ機能していません。

 

ちょっとした負担でも、下痢を起こしてしまうのです。

 

与えるものには最大限、気をつけなければなりません。

 

赤ちゃんの胃腸を考える上で注意が必要なのがミネラルです。

 

赤ちゃんの胃腸はミネラルに対して非常に弱いです。

 

しっかりと処理できないので、大量に摂取するとお腹を下してしまいます。

 

ミネラル分が高い水が硬水であり、ミネラル分が低い水が軟水です。

 

赤ちゃんのミルク作りには、必ず軟水を用いてください。

 

ウォーターサーバーの水を選ぶときも、硬度を確認して少しでも低いものを探しだすのがお勧めですよ。

 

 

■ミルク作りにおすすめの水の種類とは?

 

【ウォーターサーバーが取り扱っている水の種類】
・天然水
・RO水
・純水

 

主に3つになるわけですが、そのうち度のタイプの水が最もおすすめなのか、といったことを考える必要があります。

 

まずは天然水ですが、硬度が高いものでなければ比較的安全です。

 

しかし、天然水といっても硬度が少し高いものもあります。

 

なるべく、硬度が50以下の低いものを選択しましょう。

 

理想は30以下の超軟水タイプです。

 

RO水に関しては、ミネラル分が添加されたものになります。

 

ですから、あまり調乳には適していない水なのです。ミネラル分が低いタイプも有りますが、利用には注意を要しますよ。

 

純水に関しては、最も赤ちゃんのミルク作りに適しています。

 

ウォーターサーバー業者の中には、調乳用に純水を用意しているところもあるのです。

 

そもそも、純水って何かわからない方もいると思います。

 

その名の通りに、純度の高い水となります。水以外の余計なものはほとんど加わっていません。

 

赤ちゃんとの相性の良くないミネラルですが、純水にはほとんど含まれていないのです。

 

ですから純水で作ったミルクであれば、赤ちゃんの胃腸に負担をかけることもありませんよ。

 

赤ちゃんがいるご家庭であれば、純水を用意できるウォーターサーバー業者の利用をおすすめします。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓