美味しい料理と水〜どんなウォーターサーバーの水がおすすめか〜

料理を美味しく作りたい、と思っている方は多いと思います。

 

そんな時には食材にこだわると思うんですが、忘れがちなのが「水」です。

 

両入りの味わいを大きく左右することもあるんですよ。

 

こちらでは、どんなウォーターサーバーの水が料理に適しているかを解説します。

 

毎日料理を作っている方、趣味で料理を作っている方は必見です。

 

 

■硬度が低めのウォーターサーバーの水が料理の味を引き立てる

 

・軟水が料理の邪魔をしない

 

硬度100以下の水のことを軟水、と呼んでいます。

 

ウォーターサーバーの水は基本的に軟水となっているので、そのほとんどが料理にマッチングするわけです。

 

軟水は、味わいとして特徴があるわけではありません。

 

サラサラとして飲み口で、まろやかな味わいです。

 

料理の味を引き立てるのに大いに役立ってくれます。

 

一方で、硬度100以上の硬水にはかなりの癖があります。

 

飲みにくさがあり、料理の味にも一定の影響を与えてしまいかねないのです。

 

ウォーターサーバーの水で硬水タイプはほとんど取り扱いがないので安心ですが、硬度については事前に調べてからサーバー害者と契約すべきです。

 

 

■軟水と超軟水、どちらが美味しい料理づくりにおすすめなのか?

 

・超軟水がおすすめ

 

軟水と超軟水ですが、硬度30がボーダーラインです。

 

30を超えていると軟水に分別されます。

 

ウォーターサーバーでは、超軟水の天然水を取り扱っている所も非常に多いです。

 

全く料理の味を邪魔しないタイプの水になるので、安心して大量に利用できます。

 

鍋を作る時に超軟水を利用している、こだわりのある料理を作っている方も実際に多いんですよ。

 

素材の味わいが引き立つので一度利用すると病みつきになるそうです。

 

 

■水道水で料理と作るのとウォーターサーバーの水とではどんな違いがあるのか

 

・有害物質の有無に違いがある

 

水道水の塩素に関しては、沸騰させることで消滅させることが出来ます。

 

しかし、有害金属などが水道水には含まれているわけです。

 

料理にそれらが含まれていれば、やはり健康にも味にも影響が出てくると考えられます。

 

一方で、ウォーターサーバーであれば有害物質が含まれていることはありません。

 

天然水であれば、ほとんど処理をしないで飲めるほど綺麗な水です。

 

RO水は、不純物をほとんどすべてきれいに取り去っています。

 

ウォーターサーバーの水は安心料理に使えるわけです。

 

安心して食べられる、といった気持ちの部分も味にはずいぶんと関わってくるものですよ。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓