自分好みのウォーターサーバーの天然水選びとは

天然水が非常に人気になっているのですが、ウォーターサーバー一つをとってみてもかなりの数があるのです。

 

そのうちどれを利用すればいいのか、といったことで悩んでしまう方も少なくありません。

 

こちらでは、おすすめの天然水の選び方について解説します。

 

ウォーターサーバーの導入を考えている方は必見です。

 

 

■天然水の硬度に注目しよう!

 

・軟水と硬水について

 

国内の天然水については、基本的に軟水となります。

 

軟水とは、硬度が100以下(120とする基準もある)のものを指しているのですが、ミネラルの入っている量を表しています。

 

ミネラルがたくさん入っているものは硬度が高く、少なければ硬度が低い、といったものになります。

 

実は、その硬度の工程が様々な違いを生んでいるのです。

 

味といったものや、超以内への働きといったものもあります。

 

 

・硬度からおいしい水を見つけ出そう

 

せっかく飲むのであれば美味しい天然水を飲みたいですよね。

 

飲みやすいおいしい水といえば、やはり軟水です。

 

軟水の場合は、非常にサラサラとしたのみ口になっており、抜群の飲み口を誇っているのです。

 

特に夏などは美味しく感じやすいので、おいしい水を飲みたいのであれば硬度の低い軟水を積極的に選びましょう。

 

ちなみに硬水ですが、喉に引っかかるような感覚を与えてくる場合もあります。

 

飲みにくいタイプの水でもあるのですが、硬水には悪いコトしかないわけではありません。

 

 

・ダイエットをしている方に適しているのが硬水である

 

硬水には、胃腸に対する働きかけがあります。

 

便を柔らかくするなど、便秘解消の効果があるのです。

 

腸内も健康状態を取り戻しやすく、特にダイエットを行っている女性は硬度の高い天然水がお勧めです。

 

ただ、国内の天然水で硬度300を超えるような超硬水はほとんどありません。

 

海外から取り寄せているような水には硬度300を超えるものもありますが、国内の天然水は軟水及び超軟水が圧倒的に多いのです。

 

 

■バナジウム系の天然水に注目

 

・富士山で採れる水に含まれるバナジウム

 

水の産地によっては、特別な成分が含まれています。

 

特に富士山であれば、バナジウムが含まれています。

 

バナジウムには、血糖位置を下げる効果が認められています。

 

成人病や生活習慣病などで悩んでいる方は、ウォーターサーバーの天然水は富士山で採れたものにしましょう。

 

ちなみに、バナジウムには太りにくくする、といった効果も期待できるんですよ。

 

ダイエッターにもお勧めです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓