オフィスでウォーターサーバーを利用するメリットとは?

ウォーターサーバーは、一般家庭での導入が進んでいますが、もともとオフィスで利用されることもありました。

 

こちらでは、オフィスにウォーターサーバーを設置するメリットを解説します。

 

経営者の方にとっては必見の情報になりますよ。

 

 

■社員が離席する時間を少しでも減らせる

 

・業務の効率がアップする

 

近年注目されているのが、煙草による業務の支障です。

 

受動喫煙のことを行っているのではありません。

 

喫煙する社員は、喫煙室に入って吸うことになります。

 

その時間が仕事に大きな影響をするのです。

 

中には、喫煙休憩を5分以内に固定している企業もあるほどなんですよ。

 

それほど離席による業務効率の悪化は、大きな問題になっているのです。

 

ウォーターサーバーは、なぜ業務の効率をアップさせるのでしょうか。

 

それはオフィス内に、サーバーがあることで飲み物を飲みたいときに、外の自動販売機まで購入しに行く、といったことを減らせるからです。

 

オフィスの外まで出る時間も勿体無いですよね。

 

会社の業績をアップさせたいと考えるのであれば、細やかな部分にまで注意すべきです。

 

 

■社員に多くの飲み物を提供できる可能性もある

 

・冷水
・お湯
・緑茶
・コーヒー

 

企業向けのウォーターサーバーは、「飲む」といったことに特化しています。

 

一般家庭であれば、料理に使うことも多いので「飲む」以外の用途も考えるわけです。

 

しかし、オフィスであれば飲む以外の利用はしませんよね。

 

企業向けのタイプは、冷水やお湯以外にも緑茶やコーヒーと言った飲み物も用意できるタイプが有ります。

 

しかも、緑茶やコーヒーにはカフェインが入っており、仕事効率をアップさせる可能性もあるわけです。

 

 

■電気代は企業向けウォーターサーバーも安く済む

 

・月あたり1,000円前後

 

企業向けのウォーターサーバーともなれば、電気代がたくさんかかってしまうのではないか、といった心配をしている方も少なくありません。

 

しかし、そんなことはないのです。ほとんど一般家庭のサーバーと同じような金額で利用できます。

 

月々かかる電気代としては、1,000円程度を想定してください。

 

エコ機能があるタイプのサーバーであれば省エネにもできるので、圧倒的に電気代も低価格となりますよ。

 

 

■デメリットはないのか?

 

・ボトルが邪魔になる可能性あり

 

リターナブルボトルだと、使いきったボトルを保管しておかなければなりません。

 

しかし、ワンウェイボトルタイプを利用すれば、ボトルが自己処理できるのでこちらのデメリットはなくなります。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓