ウォーターサーバーの解約費用はどれくらいかかるのか?

ウォーターサーバーは、当然、利用する時の費用をチェックします。

 

しかし、やめるときにも費用がかかる可能性がある、って知っていましたか。

 

解約費用になりますが、必ずしもかかるわけではないので、まずは解約費用が発生する条件についてお話します。

 

そして、実際にどのくらいの費用がかかってくるのかを詳しく解説しますね。

 

 

■ウォーターサーバーの解約費用がかかってくる条件とは?

 

・最低契約期間に達する前に解約する場合

 

ウォーターサーバー業者では、サーバーを無料で貸し出すケースも有り、一定期間利用してもらわなければ利益が出ない、といった特徴もあります。

 

仮に、2ヶ月や3ヶ月で解約されてしまえば、損をしてしまう可能性だってあります。

 

そこでも受けられているのが、最低契約期間です。

 

ウォーターサーバー業者が設けている最低契約期間は、【6ヶ月から12ヶ月】程度が目安になります。

 

その期間が来る前に解約をしてしまうと、違約金が発生してしまうのです。

 

ただ、ウォーターサーバーの解約については、違約金は発生してしまいますが、解約はいつでも可能です。

 

使いたくなくなったら、その時点で解約を申し出ればいいわけです。

 

違約金を支払ってでも辞めたいのであれば、気兼ねなく業者に解約する旨を伝えましょう。

 

 

■解約費用はどれくらいかかってくるのか?

 

【有名レンタルサーバー業者の解約期間と費用例】
・コスモウォーター・・・1年から2年:5,400円から9,720円
・クリクラ・・・期間設定なし:無料
・ネイフィールウォーター・・・1年から2年:5,400円から9,720円
・プレミアムウォーター・・・2年:10,800円
・うるのん・・・2年:1年未満で解約した場合10,800円・1年以上2年未満で解約した場合5,400円
・アルピナウォーター・・・1年:5,000円

 

※期間と費用については変動することがあります。

 

非常に様々なタイプの解約金を設定していることが分かります。

 

ちなみに、クリクラのようにいつでも解約無料、としているところはほとんどありません。

 

非常に珍しいので貴重です。

 

また、解約期間によって、解約費用の差が設けられている業者もあるので、その点はしっかりと理解しておくべきです。

 

特に注意して欲しいのが、辞める時期になります。

 

あと少しで無料にて解約できる期間に到達しそうであるなら、期間が超えるのを待って解約するのもお勧めです。

 

特に解約金が10,000円ほどと高額な業者の場合は、考えておきましょう。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓