ウォーターサーバーのボトルは使い捨てが便利?

ウォーターサーバーを利用するときに考えるのが、ボトルの種類になります。

 

1種類しかないと思っている方も多彩家にいるのですが、決してそんなことはありません。

 

複数の種類が実際にするわけです。

 

こちらではウォーターサーバーのボトルについては、使い捨てタイプ(ワンウェイボトル)をおすすめします。

 

そのおすすめする理由について詳しく解説しますね。

 

 

■ウォーターサーバーの豆知識|ボトルの種類とは?

 

・ワンウェイボトル(使い捨てタイプ)
・リターナブルボトル(リサイクルされるタイプ)

 

ボトルの種類は、主に2種類となります。

 

使い捨てであるか、リサイクルタイプであるか、と言った違いがあるわけですが、他にも注目すべき相違点があります。

 

こちらではワンウェイボトルをおすすめしているわけですが、リターナブルボトルに比べてどんなメリットがあるのかを確かめてみましょう。

 

 

■ワンウェイボトルは自己処分ができる

 

・ボトルが回収されない

 

リターナブルボトルは再利用されるので、業者に回収してもらわなければなりません。

 

仮に、水を使いきったとしても、そのボトルを家に保管して置かなければならないのです。

 

そして回収される日に渡す、といったことが必要になります。

 

ウォーターサーバーのボトルは、12リットル入りのタイプになります。

 

普通のペットボトルのサイズとは全く違うわけです。

 

部屋の片づかない原因にもなってしまいますよ。

 

一方で、ワンウェイボトルに関しては回収されることはありません。

 

使い捨てタイプになるので、リサイクルはされないのです。

 

しかも、リターナブルボトルは強化プラスチック製といった、かなり硬い素材で出来ています。

 

一方のワンウェおボトルは潰れる素材で出来ているのです。

 

ですから、使い終わったボトルは小さく折りたたんで、一般のゴミのように捨てられるわけです。

 

部屋が片付きやすい、といったメリットが有ります。

 

 

■ワンウェイボトルは衛生状態を維持しやすい

 

・空気の混入が少ないのがワンウェイボトル

 

水の劣化は何で始まると思いますか。

 

紫外線が当たるといったことや温度が高いといったこともあるのですが、実は空気に触れることで起こってしまうのです。

 

空気に触れると水の中に雑菌が繁殖してしまい、問題が起きてしまう可能性もあります。

 

しかし、ワンウェイボトルは柔らかい素材で出来ているので、水が減ると凹む設定になっているのです。

 

空気が混入するリスクが極めて少ないのです。

 

一方で、リターナブルボトルは、ボトルが凹むような機能はありません。

 

水を使って減ると空気がどうしても混入してしまい、衛生状態を維持しにくいのです。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓