ウォーターサーバーの利用法|どうやって操作するのか?

ウォーターサーバーを利用するにあたり、注意してほしいものの一つに使い方があります。

 

把握しないうちに利用してしまうと、誤った操作をして壊してしまうかもしれません。

 

電化製品なので、実際に壊れることもあるのがサーバーです。

 

こちらでは、実際のウォーターサーバーの使い方について詳しく解説しますね。

 

 

■ボトルの設置方法

 

・上置き方法と下置き方法がある

 

ウォーターサーバーにもいくつかの種類があるので、その種類によってボトルの設置方法も大きく異なってきます。

 

上置き方法については、サーバーの上部にボトルを設置します。

 

下置き方法はボトルを下に設置するのです。

 

下置き方法に関してはボトルを持ち上げないので、設置が楽、といった特徴もあります。

 

特に女性の家に利用されるケースが多いタイプのサーバーです。

 

ボトルを設置するときには、まずはシュリンクを外します。

 

シュリンクとは透明のビニールのような素材のことを指しています。

 

ボトルの衛生面を守るために付けられています。

 

シュリンクが外し終わったらラベルのシールを外します。

 

ここまでは上置き方法も下置き方法も違いがありません。

 

シールを外した状態で、それぞれの設置場所に入れることになります。

 

しっかりとキャップ部分を差し込んでください。

 

差し込みが甘いと水漏れが発生してしまいます。

 

※シールをはずさないままに装着してしまうと、シールがボトルの中に入ってしまうこともあります。

 

水質に問題が出てくることもありますよ。

 

 

■温水と冷水の利用方法

 

・温水は赤レバー
・冷水は青レバー

 

それぞれのサーバーの種類にもよりますが、温水と冷水に関してはそれぞれ色分けされているレバーを回したり、押したりすることになります。

 

電源が入っていれば、いつでも冷水や温水が利用できるので、操作方法としては特に難しいところは一切ありません。

 

・レバーは壊れやすいので注意しよう

 

強く押したりひねったりすると壊れてしまう可能性が極めて高いです。

 

レバーは故障率が高い部品なので、使い方は慎重に行ってください。

 

特に使い始めなど慣れていない時には力強く利用してしまうケースが多いです。

 

 

■チャイルドロック機能について

 

・多くのサーバーに備え付けられている

 

チャイルドロック機能はサーバーごとに使い方が決まっています。

 

お子さんがいない家庭であれば利用することはないと思いますが、小さいお子さんがいるご家庭では、必ずチェックした上で活用してくださいね。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓