うるのんのメリット|特徴を徹底調査してみた

ドラえもんでお馴染みのウォーターサーバーを知っているでしょうか。

 

その名も「うるのん」といいます。

 

実際にどんな特色を持っているウォーターサーバーなのかについて詳しく解説します。

 

 

■富士山の天然水を利用している

 

・品質の良い水が飲める!

 

そもそも富士山には1日あたり大量の雪や雨が降っています。

 

実は、600万トンもの雨や雪が毎日降っている計算になるのです。

 

そして多くが地下に染みこんでいるのです。

 

その水を汲み上げているのが、「うるのん」なのです。

 

ちなみに、地下に染み込んだ水に関しては、しっかりと濾過された状態になっているのです。

 

汚れがしっかりと取り除けている状態なので、安心して飲めます。

 

さらに、味も美味しいと評判です。

 

・モンドセレクション金賞受賞

 

富士の天然水12リットルになりますが、実際にモンドセレクションにて高い評価を受けた事実があるのです。

 

 

■軟水である

 

・飲みやすい水

 

あまり気にしていない方も多いかもしれませんが、軟水と硬水の違いはかなり大きいです。

 

香水については、非常に飲みにくい、といった特徴があります。

 

一方で軟水はさっぱりとして、サラサラな飲みごたえとなっています。

 

・富士の天然水・・・72
・富士の天然水 さらり・・・22.4

 

数字を観ただけではわからないかもしれませんが、100を下回ると軟水と呼ばれます。

 

ちなみに、30以下となると超軟水と判断されるのです。

 

「さらり」に関しては実際に軟水に分類されています。

 

「72」である富士の天然水を飲んで少し飲みにくさを感じたのであれば、「さらり」を選択しましょう。

 

「さらり」に関しては実際に赤ちゃんが飲めるほど、安心して飲めるタイプとなっています。

 

 

■うるのんを利用するのにかかる費用はどれくらいなのか?

 

・サーバーレンタル代金・・・無料
・メンテナンス料・・・無料
・配送料・・・無料

 

初期費用については一切かかりません。

 

サーバーレンタル代金についても、一切かからないので安心です。

 

ちなみにサーバーは3年に1回交換することになります。

 

それでも無料なのですから驚きですよね。

 

配送料に関しても一切費用がかからないのは嬉しいところです。

 

引き続いて、水の値段についても紹介します。

 

・12リットル入り・・・1,900円

 

「富士の天然水」・「富士の天然水 さらり」のどちらであったとしても、1ボトルあたりの価格は1,900円になります。

 

それほど高くないのは、とても嬉しいところですよね。

 

水だけの費用で利用できるのも、「うるのん」のメリットでもあります。



ウォーターサーバー人気の実際の使用感@写真付き↓↓